FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また勘違い?

あれんさんからいただいたコメントに、あの『呪い』に関してだけはまだ許せずにいると書いてあったような気がしたのだけれど・・・

また記憶違いだったのだろうか???

と驚いて。

コメントを探してみたのだけれど、見つからないので。

きっとまたわたしの勘違いだったのでしょう。

あれんさんごめんなさいm(__)m

夢でも見たのかな???

ただ、実際のところ、先日あなたにコメントをいただくまで、わたしの側にはもうまったく、わだかまりなどなくなっていたので。

最初にいただいたコメントには、どうお答えして良いのやら、わからなかったのです。

『傲慢』てことに関して言えば、誰よりわたしが一番『傲慢』だったと思っているし。

『誤解』ってことに関しても、今のわたしにはもうどうでもよくなっていて。

それは、わたしがその後、こういう体験をして、こんな心境にいたっているからで。

まあ、それ以前にも、あの『化学反応』以降、わたしは本当に怒涛のような体験を経て、どんどん変わってしまったし。

それらは全て、不要になった古いモノを手放すための体験で・・・

クララさんの(電話)協力を得たことで、(たぶん)最期の『恐怖』が再生(?)され終わったようで。

そしたら急に、何だか本当に楽になってしまって。

今ではもう、あの『化学反応』の頃のことを思い出すことも難しいというか。

あの頃の自分がすでに、別人のように感じられるというか。

と言うより・・・

やっと、本当の自分に戻れたように感じていて。

そしたらもう、意識が過去へは戻らなくなってしまったというかね。

ですから。

あなたが本当にわたしのことを許して下さっていたのなら、後はもう、それぞれに、あの体験から学ぶべきことを学んだってことで良いのではないかと、わたしはそう思っています(^-^)

で、伝えたいことを伝えて下さったことに関しても、良かったと思っています。

伝えない方が良かったなんてことは、けっしてありません。

だから、コメントを下さったことに感謝の想いを伝えたのですしね。

ただ、このブログに関しては、もうピリオドを打ちますし、あの『化学反応』のことに関しても、わたしからはもう何も申し上げたいことは無いので。

今度こそ、このブログでは、これで最期ということで(^.^)/~~~

最後のお返事

あれんさんへ

いただいたコメントを読ませていただいて・・・

正直なところ、わたしにも、あなたがどうしたいのか? よくわかりませんでした。

わたしの犯した過ちに関しては、もうすでに何度も謝罪していましたし。

わたしの方にはもうとっくに、気まずさなど残ってはいなかったのです。

丸く収まるも収まらないも・・・

あの『福音』に関して、やっぱり「許せない」と感じたのはあなたの方で。

あなたが何をどう感じるのもあなたの自由なので。

わたしはそれでかまわないと思っていました。

なので、わたしの中では、あの件はあの時点で終わっていたのです。

元々、過ちを犯したのはわたしの方ですし。

わたしの側には険悪な想いなど微塵もありません。

ですから、今のわたしにはただ、感謝の想いをお伝えするくらいしかお返事のしようがないのです。

という このお返事 も、あなたの望む内容では無いのかもしれないけれど・・・

このブログにはもう、一応ピリオドを打っていますし。

この件に関しては、これで最後のお返事にさせていただきたいと思います。

もし、あなたの側にわだかまりがないようなら、また新ブログの方にもご訪問いただければ嬉しいです。





というわけで。

読者の皆様へも。

今後、このブログにコメントを頂いても、お返事は出来ませんのであしからず。

9月以降、新ブログでお会いできることを楽しみにしております。

あれんさんへ

コメント下さってありがとう。

あえて、メールではなく、記事にさせていただきます。

あの頃のわたしは本当に、未熟で傲慢だったのです。

あなたにも、申し訳ないことをしてしまったと思っています。

それでもやっぱり、あの体験が、わたしにだけ必要なものだったとも、思えないのです。

ですから、わたしも、今はもう罪悪感は覚えていません。

ただ、感謝の思いだけがあります。

ありがとう。

経過報告

現在お仕事モードのため、新しいブログの立ち上げは9月以降になるかと思われます。

尚、この記事に蛇足してみました。

『鏡の法則』の使い方に関しては、これまで散々書いてきたのでもうイイか。

これ以上引き合いに出してしまうのは申し訳ないし・・・

と思っていたのですが。

最後なので。



これまた蛇足ですが。

レム天・天子先生・アンナと統合し、ヒューズ夕子さんのセッションを受けたあの日以来、体調は急速に回復し、体重も41キロに。

こんなに元気になるのなら、体重だけは39キロのままが良かったな(゜.゜)

なんとか体重のみ39キロに戻らんものだろうか(;一_一)

と思う今日この頃でございます。

隻眼稲荷

本日3つ目の記事です。

今日(てかもう昨日。現在深夜3時前)原稿を出し終えて、打ち合わせは来週まで出来ないということなので。

新しいブログに引っ越し直前、ラストスパートをかけとります。



本題です。

『ちょいすぴ卒業記念・プレゼント企画』を思いついた時に思い出したんですけど。

『八雲立つ』の確か3巻?に、『隻眼稲荷』って話が入ってるんですね。

で、この話で描かれていた内容が、超、『レム天』が感じていた『恐怖』にリンクしまして。

まあ、『レム天』は自分を裁き、他者からも裁かれることになると思い込んでいたために、クララさんのことを物凄く恐れておったわけなのですが・・・

このお話の中にも、『恐怖』から、自分で魔物を生み出していたおばあさんが登場するのです。

で、わたしはこのお話を、当然、すでに読んでおったのですが・・・

『レム天』の『恐怖』が再生されはじめて以降、すっかり『恐怖』に呑み込まれてしまっていたようで(;一_一)

じぇんじぇん思い出せませんでした。

宝の持ち腐れでした



ちなみに。

先日、☆この番組☆の第3集を観ていたら・・・

曼荼羅の中に描かれている仏様たちのイメージが、クララさんと重なってしまいました。

なんちゅうか。

わたし達『人間』の中には元々、『仏性』ってヤツが宿っている。

てか、『人間』は本来皆『仏』だっていう、いつかどっかで聞いたことがある言葉の意味が、わかったような気がしました。



てなわけで。

これでたぶん、とりこぼしていた記事は最後かと。

今度こそ、『おしまい』です。

たぶんね(;一_一)

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。