FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C968] 記事で返信恐れ入ります

私もねこきちさんと争う気はありません。
でもちょっとだけツッコミを。
>精神医学の歴史は浅い。
スピリチュアルの歴史も浅い、のはご存知かと思いますが(^_^;)
スピリチュアリズム=心霊主義(円卓囲んで降霊とか)が流行りはじめたのは19世紀末。
瞑想、個人の癒しなどのニューエイジブーム(現在スピリチュアルと言ったらコレですよね)は80年代から。
ちょうど同じ頃から知的障害を持たないアンバランスな発達の子供達が報告され研究が始まっています。
>子育てにおいても、既存の価値観、古い価値観に囚われていては、お子さんの可能性の芽を摘むことになってしまうのではないだろうか?
これはもしかして
「親の因果が子に報い」
「親は子の鏡」
みたいなヤツですか?
弟さんはそれで苦しみ、ねこきちさんも自分を見直すよう手紙を書いたんですか?
それこそ「既存の価値観、古い価値観に囚われて」はいませんか?
私はねこきちさん風に言えば、弟さんが娘さんと向き合うことが「トリガー」となり
「化学反応」や「気づき」を起こすのではないかと密かに期待しているのですよo(^-^)o
私自身、そして同じ境遇の親御さんたちが多かれ少なかれそういう経験してますから。
ああ、ちょっとだけのはずが長くなってしまったorz
  • 2011-07-31 12:46
  • つくし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

子どもたちとスピリチュアル

※わたしは弟に自分の考えを押しつけるつもりはないが。

前世ソウルリーディングを読むと、それぞれに、色んな特徴=個性を持っている人達がおり。

自分の価値観だけで他者を計ってしまうことの無意味さや怖さを痛感する。

マナさんのブログでも、レモンマンさんのことに触れた記事があったが・・・

前世で感情を持たない宇宙人だった魂が、今の地球に転生してきたら、上手く適応できないのは当然だとわたしは思うし。

同じように、前世で女王様だった魂が、その記憶を残したまま現代の一般家庭に転生してきたら、すぐに適応するのはムリだろうし。

そういう、様々なタイプの魂にあった育て方、導き方をすることこそが、子どもたち自身の幸福につながっていくのだろうと、わたしは感じている。

精神医学の歴史は浅い。

医師も全てがわかっていて指導しているわけではない。

権威ある人の価値観に依存することで、親御さんの心は確かに少し救われるのだろうとは思う。

けれど・・・

子育てに、スピリチュアルな考え方も取り入れ、これまでの既存の価値観以外の視点持つことで、親御さんの選択肢は広がり、更に心にゆとりを持つことが出来るようになるはずだとわたしは思う。

子育てにおいても、既存の価値観、古い価値観に囚われていては、お子さんの可能性の芽を摘むことになってしまうのではないだろうか?

わたしと つくしさん、どちらが偏見を持っているのかで争うことには何の意味も無い。

ただ、親が何を信じるのか。

自分自身の頭でどれだけ柔軟に物事を考え、何を選択するのか。

親御さん自身が自立することが、お子さんの幸福につながるのだと思う。

わたしが先日リーディングしていただいたヒューズ夕子さんは、一児のお母さんであり、非常に地に足のついた、たくましい方だ。

わたし自身には、子育てに悩むお母さん方に対してアドバイスをするような知識も『力』もありはしないが。

ヒューズ夕子さんならばきっと、切羽詰まったお母さんたちの心を優しくほぐし、その方のお子さんの個性にあった導き方をアドバイスして下さるのではないだろうか。


わたしが夕子さんに導かれたのは、ここでこのことを伝えるためでもあったのだなと、今確信した。



ちなみに、昨日と一昨日は長野にいて更新できず。

今日はこの後弟一家が帰省するので、しばらくの間更新及びブログの確認も出来ません。

コメント

[C968] 記事で返信恐れ入ります

私もねこきちさんと争う気はありません。
でもちょっとだけツッコミを。
>精神医学の歴史は浅い。
スピリチュアルの歴史も浅い、のはご存知かと思いますが(^_^;)
スピリチュアリズム=心霊主義(円卓囲んで降霊とか)が流行りはじめたのは19世紀末。
瞑想、個人の癒しなどのニューエイジブーム(現在スピリチュアルと言ったらコレですよね)は80年代から。
ちょうど同じ頃から知的障害を持たないアンバランスな発達の子供達が報告され研究が始まっています。
>子育てにおいても、既存の価値観、古い価値観に囚われていては、お子さんの可能性の芽を摘むことになってしまうのではないだろうか?
これはもしかして
「親の因果が子に報い」
「親は子の鏡」
みたいなヤツですか?
弟さんはそれで苦しみ、ねこきちさんも自分を見直すよう手紙を書いたんですか?
それこそ「既存の価値観、古い価値観に囚われて」はいませんか?
私はねこきちさん風に言えば、弟さんが娘さんと向き合うことが「トリガー」となり
「化学反応」や「気づき」を起こすのではないかと密かに期待しているのですよo(^-^)o
私自身、そして同じ境遇の親御さんたちが多かれ少なかれそういう経験してますから。
ああ、ちょっとだけのはずが長くなってしまったorz
  • 2011-07-31 12:46
  • つくし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。