FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C967] あ~

うちの子が@@障害です。姫ちゃんとは正反対のタイプですけど。
>が、とりあえず、わたしは姫ちゃんは健常児だと信じているので。
これ親が一番プレッシャー感じる偏見ですね。
病名をつけてもらうことで冷静になれたり、医療機関含む様々な人との出会いで考え方が変わったりするんですよ。
弟さんと距離を置くのはいいことだと思います。
今のねこきちさんはどうも他人にアドバイスできる状態とは思えないので。
上から目線のコメントで失礼しました。
  • 2011-07-28 00:10
  • つくし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

続・弟への想い

勿論、弟が望まないものを、無理やりこの道に引きずり込むつもりなど毛頭なく。

ただ、サポートするつもりがある旨だけは、伝えておこうと思ったわけなのです。

弟からお返事が届いたのがいつだったのか?

このところあまりに激動の日々が続いたため、記憶が完全に飛んでいますが・・・

その手紙には、けっこう衝撃的な告白が書いてありました。

姫ちゃんのことです。

以前から、弟夫婦が姫ちゃんの尋常ではない偏食を心配し、病院でも見て貰っているようだという話は、両親から聞いていました。

ので、わたしは逆に、姫ちゃんの偏食のことは心配しておらず、姫ちゃんのことを過剰に守ろうとして神経質になっている弟夫婦の行動の方に異常さを感じ、心配しておりました。

が・・・

弟の手紙を読んで、弟夫婦がなぜそこまで過剰に姫ちゃんを守り、他人の手に触れさせまいとしているように見えたのか、その理由が理解できました。

どうやら姫ちゃんは、@@障害と診断されていたようなのです。

が、それはあくまでも「生き辛さ」という意味での障害であって、知能にも運動能力にも全く異常はありません。

異常と言えるのは、お菓子やジャンクフードしか口にしないという尋常ではない偏食と、感情の起伏が激しく、自分の気に入らないことは泣きわめいたり怒ったりして拒み、自分の要求が通るまで、この感情の爆発が治まらないこと。

だから、一見すると育て方の問題と思われてしまいがちな症状なのです。

で、そう思われていることを感じているが故に、弟は過剰にお嫁さんに気を使い、我が子のことも、身内や他人の偏見から守ろうとしていたのでしょう。

ただね、わたしは姫ちゃんのことを、病気だとは思っていないんです。

実際、姫ちゃんのような症状の場合、医師によってはその病名をつけないで、健常児として扱う場合も多いようなんですね。

それに・・・

これは、弟夫婦には今のタイミングでは伝えることはできませんが。

前世ソウル・リーディングで姫ちゃんのドラゴンヘッドを調べてみたところ・・・

姫ちゃんの症状?てか個性にピッタリのグループがあったんです。

それは、ドラゴンヘッドが「みずがめ座」のグループ。

どうやらこのグループ、前世で女王やエンターティナーなど『特別』な存在として生きた人が多いようで・・・

正に、姫ちゃんは小さな女王様のように、両親をこき使っているように見えます(-_-;)

けど、だとしたら、姫ちゃんの行動は、あくまでも、前世での影響を受けているだけであり。

病気などではありません。

それなのに・・・

現世レベルで原因がわからないからと言って、すぐに病名をつけてしまう安易さが、わたしは正直怖いです。

別に、お医者様も安易につけているわけではないのかもしれないけれど・・・

病名をつけることによって、周囲はその子をまるで・・・

これもまた、書きたくない表現になってしまうので、省きますが。

とにかく、わたしは今、姫ちゃんが大人たちの思い込みによって、本当の病人にされてしまうことを危惧しています。

が、とりあえず、わたしは姫ちゃんは健常児だと信じているので。

逆に、弟のことがとても心配になりました。

手紙の文面からは、父親として、夫として、必死に家族を守ろうとしている弟の姿が、まるで手負いの獣のようなイメージで伝わってきました。

その手紙を読みながら、わたしは、気がつくとポロポロと涙をこぼしていました。

自分でもちょっと、驚きました。

病名のことも多少ショックではありましたが、それよりも、弟が背負っている重荷のことを思うと、不憫で仕方がなくなってしまったのです。

更に、家族宛とは別に、わたし宛の手紙には、とても事務的な、怒りのこもった文面が綴られていました。
ACの件については、自分には関係ない。見解の相違だと書いてありました。
予期していた反応だったので、驚きも傷つきもしませんでした。
が、わたしに対する彼の意識が、3年前、わたしがはじめて彼に送った手紙を読んだ時の状態に未だ囚われているのを感じ、とても申し訳なく思いました。
そして、誤解だけは解いておかなければと思い、弟に再び、手紙を出すことにしたのです。

再び出した手紙には・・・

わたしは別に、あなた方夫婦の育て方で姫ちゃんがそうなったと思っていたわけではないこと。

それが後天的なものではなく、先天的な個性であることは理解した上で、「親が変わると子どもが変わる」という理論の書籍を読んで、姫ちゃんのためになればと思ってACの問題について調べてみることを提案したこと。

ただ、わたしは自分の価値観を押し付ける気は毛頭なく、両親もまた、姫ちゃんのことは親であるあなた方に任せ、自分たちは口出しはすまいと言いあっていること。

両親は勿論、わたしもまたあなたや姫ちゃんのことが心配なだけなのだということ。

そして、わたしはすでに回復しており、今ではあなたのことを、自分の弟として本当に大切に思い、愛しており。

3年前の手紙に書いてしまったことは、今ではわたしの被害妄想に過ぎなかったとすら思っていて、あなたには、大変申し訳ないことをしてしまったと、謝罪の言葉を綴りました。

弟は、わたしが自分を癒すため、長い時間が必要だったように、自分にも時間が必要なので、今まで通り、距離を置いて付き合いたいという希望を手紙の中で伝えてきていたので。

わたしは、弟の希望を尊重し、いつまでも待つと伝えました。

今は、自分の想いを伝えられただけで十分だと思っています。

コメント

[C967] あ~

うちの子が@@障害です。姫ちゃんとは正反対のタイプですけど。
>が、とりあえず、わたしは姫ちゃんは健常児だと信じているので。
これ親が一番プレッシャー感じる偏見ですね。
病名をつけてもらうことで冷静になれたり、医療機関含む様々な人との出会いで考え方が変わったりするんですよ。
弟さんと距離を置くのはいいことだと思います。
今のねこきちさんはどうも他人にアドバイスできる状態とは思えないので。
上から目線のコメントで失礼しました。
  • 2011-07-28 00:10
  • つくし
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。