FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

保留中の課題

(本日2つ目の記事です)

最後尾に追記しました。



『前世ソウル・リーディング』が指摘するわたしの『改めたい短所』の中に、こんなんがあります。

真相を見落とす
対立から逃げ出す


まあ、他にもいくつかあるのですが。

あの『化学反応』の際。

自分はどうすべきだったのか? 

どうすれば、より誠実にクララさんやあれんさんに向き合い、お二人の気持ちをくみ取りながら、問題を解決できたのか?

自分なりに考えてきて。

今振り返れば『詭弁』と『自己保身』という くっさい エゴに塗れつつも、その時の自分に出来た最善を尽くしてきたつもりなのですが・・・

ずっと、どちらが正しい選択なのか? 迷っていたことがありました。

それは・・・

もうすでに過去記事の中でも書いていることですが。

クララさんのブログの記事を読むか読まないか。

本当はね、わたしは読むべきなのだろうと思います。

それが、あの『化学反応』にお二人を巻き込んだわたしの責任だと感じているので。

ただ・・・

少なくとも、ヒナやイザベラの影響を強く受けている時点では、例えクララさんがあの『化学反応』についてクララさん側から見た『真実』を綴って下さったとしても、わたしはきっと、その『真実』を冷静に受け止め切れなかったと思いますし。

わたしが『問題』を抱えているように、クララさんにも抱えている『問題』があるので。

もし、その『問題』をクララさん自身が受け止めきれていない状態でその記事が書かれていたなら。

わたしはきっとまた傷つき、反論したくなってしまうのではないか?

で、反論してしまえばまた、不毛なエネルギーの奪い合いが始まってしまう。

それだけは避けたい! 怖い!

という『怖れ』を感じていました。

で、今でも、どうすべきなのかわからずにいます。

これが、『今』のわたしの『正直』な気持ちです。

わたしはきっと、あの『化学反応』において、あれんさんに対して犯していた『間違い』以外にも、大切な『真相』を見落としているのだと思います。

その『真相』はたぶん、クララさんによって明らかにされるのでしょう。

その時、わたしはまた、身を焼かれるほど恥ずかしい思いをすることになるのかもしれません。

正直なところ、あれはかなり辛いので、出来ればもうしたくはないけれど。

仕方がありません。

というわけなので。

もし、クララさんがあの『化学反応』について、クララさん側から見た『真実』を綴られた際は、どうか教えてやって下さい。

すぐに読めるかどうか。

読ませていただいても、リアクションをするかどうか。

すべきか否か。

記事の内容によっては、リアクションをすることによってまた、過剰反応を招いてしまうことにもなりかねないので。

(弘法大師様が「読む必要は無い」とおっしゃったのは、「わたしが下手に関わることで、クララさんがご自分の『問題』と向き合う邪魔をしてしまうことになる」という意味だったと思います)

というわけで。

今はまだどうするかわかりませんが。

たとえ時間がかかったとしても。

てか、逆に時間をかけた方が良いのかもしれませんが。

わたしは 対立から・・・と言うより、自分自身の責任から逃げることだけはすまい! と思っています。



ちなみに。

今朝の『気づき』を受けて、あの『化学反応』に関することで一個だけ、気づけたことがあります。

と言っても。

これが『見落としていた真相』なのか否か、正解なのか否かは、クララさんに聞いてみなければわかりませんが。

あの『化学反応』の後、クララさんがまた改めてわたしに『怒り』を感じることになったのは・・・

わたしの書いた記事が、『詭弁』と『自己保身』『自己正当化』『優越感』のエゴに塗れていたからなんじゃないかしら?

だとしたら、ごめんなさいm(__)m



あ!

それから。

現時点で感じている『怖れ』はヒナのものではありません。

純粋にわたしのもの・・・と言い切れるか否かは自信がありませんが。

少なくとも、ヒナとアサタロウさんが和解して昇天して以来、胸の痛みは感じなくなりました。

で、今回のように『恐怖心』を感じても長引くことは無く。

わりとすぐに、自分の中心に戻ってこれているみたいです。



たった今引いたトーテムアニマルカードは☆こちら☆

マハボテさんからのメッセージはこちら。

Goals ― 目標

現状でのあなたの目標について、あらゆる角度から考え直してみるときです。
損得を度外視して、直観に従って人生の目標・生きがいを明確にしてください。
あなたが肯定的なエネルギーを伴って目標に臨んだとき、素晴らしい成果がもたらされます。
このカードは、その日が近いことを示しています。


『損得』だけは、とっくの昔に度外視していると思う(/_;)

自称・キリストさんからはこんなメッセージが☆

信じる

自分を信じましょう。

すべては天の計らい通り、うまくいっています。
不安や恐れ、罪悪感や後悔の念は、今すぐ手放しましょう。
あなたの想いは、まもなく実現します。
人生に、間違った行いや失敗などありません。
体験から得られるすばらしい学びと成長の機会があるだけです。
天は、いつでも、あなたにとって最善の道を用意してくれています。
自分を信じて、このまま、まっすぐ進みましょう。

  ↑
(リンク出来なくなっていました)

なんだかちょっと、ホッとしました。

『不安』や『怖れ』は手放しちゃおっと。

大好きなOSHOさんからは、こんなメッセージをいただいた☆

15. 条件付け(コンディショニング)

自分の人格を落とさないかぎり、あなたは自分の個であること(インディヴィジュアリティ) を見いだすことなどできない。個であることは、存在から与えられている。人格は社会が押しつけたものだ。人格は社会のなかでは都合がよい。
社会は個であることに耐えられない。個であることは、羊のように追従しないからだ。個であることにはライオンの資質がある。ライオンは独りで動く。
羊はつねに群れをなしている。群れのなかにいると楽で居心地がいいはずだと期待している。群れのなかにいると、守られて安全な感じがする。誰かが攻めてきても、群れのなかにいれば、自分を救える可能性がいくらでもある。だが、独りだと? ライオンだけが独りで動く。
そして、あなたがたひとりひとりが、生まれつきのライオンだ。だが、社会が絶えずあなたがたを羊として条件づけている。あなたの心(マインド) を羊としてプログラムミングしている。
それがあなたに人格、当たり障りのない人格、素敵で、とても都合がよく、ひじょうに従順な人格を与えるのだ。社会は奴隷を望んでいる。どんなことがあっても自由に身を捧げている人びとなど望んでいない。社会が奴隷を望むのは、特権をもつあらゆる者たちが従順さを望むからだ。

解説:

このカードは、あるライオンについての禅の古くからある話を思い出させてくれます。このライオンは羊に育てられたのですが、年老いたライオンに捕まって池に連れていかれ、水面に映った自分の影を見せられるまで、自分は羊だと思い込んでいました。私たちの多くは、このライオンに似ています——。私たちがもっている自己のイメージは、自分自身が直接体験したことから生じるのではなく、他人の意見から生じます。内側から育つことができたかもしれない「個であること(インディヴィジュアリティ) 」が、外側から押しつけられた「人格(パーソナリティ)」に置き換えられているのです。私たちは群れのなかのもう一匹の羊にすぎなくなってしまい、自由に動くことができず、自分自身のほんとうのアイデンティティを意識していません。池に映る自分の影をよく見て、他人からの条件付けによって自分はこうだと信じ込まされてきた、そのすべてを打ち破るために、動きだす時です。踊り、走り、揺さぶり、ジベリッシュをしましょう——。内側で眠っているライオンを目覚めさせるために必要なことは、なんでもやりましょう。


よっしゃ!
オイラ、ライオンになってやる!!
だって元々 しし座だしね。

そうそう。

ジョナサン・ケイナーの星占いによれば。

この問題はまだ継続するらしい。

けど、『大団円』に入りつつあるんだってさ。

わたしが『冷静』にふるまう限り、ハッピーエンドなんだとか。

よし。冷静なライオンねφ(..)メモメモ



追記

数日前から少しづつ『前世ソウル・リーディング』を熟読し直しているのですが。

恐らく。

ここに書かれている『問題』が、見落としていた『真相』なんじゃないかな・・・と、今、思っています。

けど。

あまりに分量があり過ぎて、転載出来ません。

ただ一人、読みながら黙々と反省しつつ・・・

それでも、あの『化学反応』を体験できたからこそ、何とか克服・・・

までは出来なくても。

けっこう頑張ってチャレンジ出来たなってこともあり。

あの体験が無かったら逆に、この本の内容を、ここまで理解することは出来なかったな。とも思っています。

この本、やっぱりオススメです☆

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。