Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C192]

また会う日まで、
ねこきちさんもお元気で(*^ー^)ノ~~
  • 2009-03-16 16:07
  • maru39
  • URL
  • 編集

[C193] Re: maru39さんへ

ありがとう(*^。^*)
しばらく仕事に集中します(^_^;)(^.^)/~~~
  • 2009-03-16 18:14
  • ねこきち
  • URL
  • 編集

[C194]

応援していますv-254

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekoiti1212.blog54.fc2.com/tb.php/122-0c13a121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1995年3月20日

その日、わたしはいつもより1時間早く目が覚めてしまった。いつもなら、絶対に二度寝していた。てか、その時も二度寝しようとした。けど、出来なかった。なぜか、妙に頭が冴えてしまって、眠れそうになかった。仕方なく、わたしはそのまま身支度を整え、いつもより1時間早く部屋を出て、地下鉄に乗り、当時勤めていたアルバイト先へと向かった。そして、現地のマックで朝食をとり、余裕で出勤。いつも通り仕事をして……お昼休み、PHSを確認すると、実家からの着信履歴が残っていた。何かあったのだろうか? 心配になって、すぐに電話してみると……
「あんた、大丈夫だったの?!」
開口一番、母が切羽詰まった声で聞いてきた。
「何が?」
いったい何が大丈夫なのか? さっぱりわからずに聞き返すと、「知らないの?!」と母は驚き、地下鉄で事件があったとTVのニュースが伝えていることを告げた。
バイト先に設置されていたTVの前に行ってみると、人だかりが出来ていた。画面には、ガスマスクをつけた警察官か自衛隊員であろう人たちや、ハンカチで顔を覆いながら道端に座り込んでいる人々が映し出されていた。
その時はまだ、いったい何があったのかわからなかった。
けれど……地下鉄の車内で『サリン』が撒かれたという事件の詳細がわかった時、わたしはハッとした。
『サリン』が撒かれたという電車に、いつもなら、わたしも乗っていたかもしれないと……
わたしはアバウトな性格なので、自分が毎朝何時の電車に乗っているのかまでは把握していなかった。けれど……いつも部屋を出る時間から考えると、その電車に乗っていた可能性は高かったように思えた。そして何より、その日の朝の目覚め方は、異常だった。
きっと、おじいちゃんだ。ご先祖様が、守ってくれたに違いない。
わたしはなぜか、そう確信した。
そして、その日から、朝起きてアルバイト先へと向かう途中、心の中で、ご先祖様に挨拶をするようになった。「おはようございます。今日も一日頑張りますから、見守っていてくださいね」と。



この時もまだ、わたしはスピリチュアルのスの字も知りませんでした。
だから、『守護霊』という言葉も知らず、真っ先に浮かんだのは、ご先祖様の存在でした。
子どもの頃、父が言ったんです。
「親父は末っ子の俺のことを、兄弟の中で一番かわいがってくれた。だから、生きてたらきっと、おまえたちのこともかわいがってくれたと思うぞ」
父は、「おまえたち」と言ったのに、わたしにはこう聞こえた気がしました。
「生きてたらきっと、『おまえのこと』もかわいがってくれたと思うぞ」
弟の存在を消して、おじいちゃんは自分を一番にかわいがってくれたはずだと、わたしはそう思いこんだのです。
両親にとって、一番は弟で、わたしは弟の次。そう思えて、それがすごく辛かったから、自分を一番にかわいがってくれる人が欲しかったんだと思います。それが、たとえ一度も会ったことが無い、この世にはいない人だったとしても。
子どもの頃、わたしにとっておじいちゃんは、心の支えでした。
だから……あの時も、真っ先に頭に浮かんだのはおじいちゃんでした。
今でも、あの時守ってくれたのはおじいちゃんだったと、わたしはそう思っています。



明日からしばらく更新をお休みします。
また会う日まで、お元気で(^.^)/~~~

コメント

[C192]

また会う日まで、
ねこきちさんもお元気で(*^ー^)ノ~~
  • 2009-03-16 16:07
  • maru39
  • URL
  • 編集

[C193] Re: maru39さんへ

ありがとう(*^。^*)
しばらく仕事に集中します(^_^;)(^.^)/~~~
  • 2009-03-16 18:14
  • ねこきち
  • URL
  • 編集

[C194]

応援していますv-254

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekoiti1212.blog54.fc2.com/tb.php/122-0c13a121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。