FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟への手紙

7月25日、弟に送った手紙をそのまま転載します。



お返事ありがとう。

あなたのことを、わたしは酷く傷つけてしまっていたようですね。

あなたからの手紙を読んで、そう感じました。

でもね、わたしは決して、あなたのことを傷つけたいわけではないのよ。

勿論、N子さん(お嫁さん)や姫ちゃんのこともね。

ただ、自分が癒されて、心に少し余裕が出来たから。

逆にね、あなたのことが心配になっていただけなんです。

あなたが辛くないならば、それで良いし。

たぶん、あなたの笑顔が悲しそうに見えたのは、わたしが傍にいたかならんだろうなと思いました。

わたしさえいなければ、あなたはこの家で、以前と同じようにのびのびとできるのだものね。

気を使わせてしまってごめんね。

と言ってもね、卑屈になっているわけではなく。

本当に。自分でもね、できるだけ早くこの家を出て、また、自活できるようになりたいと思っているの。

頑張るから、もう少し我慢してね。

それから、3年前だったかな? 

最初に送った手紙のことですが。

あれはもう、わたしにとっては大昔のことです。

今ではね、あの手紙に書いたようなことは、微塵も思っていないのよ。

本当だよ。

あれは、傷ついていた頃のわたしが書いた手紙で。

今のわたしは別人だから。

ここ1~2ヶ月で、わたしはまた、素晴らしく回復したのです!

今はもう、あの手紙に書いたようなことは、わたしの被害妄想にすぎなかったのだと理解しています。

だから、本当にね、罪も無いあなたのことを傷つけてしまって申し訳なかったと思っているの。

これまでずっと、本当にごめんね。

昔はわたし、もしかしたら、あなたが死んでも泣けないかもしれないとまで思っていたのに。

今はね。

ああ、わたしホントはあなたのこと、ちゃんと愛していたんだな。

大事に思っていたんだな。

て心から感じていて。

あなたは信じられないかもしれないけれど。

本当なんだよ。

わたしは今、あなたのことを自分の弟として、とても愛しているし、大切に思っています。



それから。

お父さんとお母さんはね、あなたに対して、何の不満も持っていないよ。

それはもう、以前からそう言っていたもの。

あなたがマンションを買った時も、「@が幸せならそれでいいんだ」って、お父さんもお母さんも言ってたし。

正直言えば、わたしはね、最初の頃、少しだけ不満だったの。

お客様じゃないんだから、@も、自分たちが使ったお布団を干すくらいしてくれたっていいのに!って。

それはあくまでも、N子さんに対してじゃなくて、あなたに対して腹が立っていたのね。

同じこの家の子供なのに! どうしてわたしだけお手伝いして、あなたはしないの?! って。

わたしの中にいた『傷ついた子供』がね、怒っていたんです。

子供の頃、わたしはまったく同じ理由で、不公平だ! って腹を立てていたから。

その頃はまだ、癒しが足りなかったのです。



姫ちゃんのこと、正直に打ち明けてもらえて良かったです。

わたしは別に、あなたやN子さんが過保護に育てているせいで姫ちゃんが偏食になったと思っていたわけではないのよ。

実は、あなたに手紙を出す少し前に、ある本を読んでね、姫ちゃんに見られる特徴は後天的なものではなくて、先天的なものなんだろうなって気が付いていたし。

けど以前、『鏡の法則』という本を読んだことがあって。

その本に書かれていたのは、『自分が変われば周囲も変わる』っていう理論で。

実際、親が自分自身を変えたことで、全く関係無いと思っていた子供の問題まで解決してしまった。っていうお話が載っていたのよ。

で、わたし自身がそういうことを試してきて、本当に、わたしだけでなくお父さんとお母さんまで楽になって来ているのを感じたから。

あなたが変われば、姫ちゃんにも良い影響が出るんじゃないかと思っただけなの。

でも、わたしは別に、自分の考えをあなたに押し付ける気なんて無いから、安心して。

わたしも、お父さんもお母さんも、みんなただ、心配していただけなのよ。

姫ちゃんやあなたのことを。

勿論、N子さんのこともね。

お父さんは特に、「N子もきっと大変だ。今度来たら大事にしてやろう」って、あなたから手紙が届くちょうど少し前に言っていたのよ。
(↑わたし別に、自分が読んだ本のこととか、お父さんに話したことなんかないのに。急にそんなこと言い出したの)

お父さんね、一時期夜も寝られないほど、姫ちゃんのことを心配していたんだよ。

本当のことを隠されるとね、人って余計に心配になったり、不安になったりしてしまうものだから。

誤解して、勝手に傷ついてしまうこともあるしね。

これからは出来るだけ、正直に、本当のことを話してもらえたらいいなあと思っています。

勿論、わたしに対してはこれまで通り、没交渉でかまいません。

あなたがわたしをそっとしておいてくれたように、わたしもあなたが受け入れてくれるまで、距離を置いて待っていようと思っています。

繰り返すけれど、わたしは決して、自分の考えをあなたに押し付けるつもりはないし。

勿論、お父さんもお母さんも同じです。

姫ちゃんのことはこれまで通り、親であるあなた方に任せて、余計なことは言わないようにしようと言っていました。

わたしも、もう余計な手紙は送らないから、安心してくださいね。

姉より
スポンサーサイト

幸せな結末

※追記しました。


先ほど、弟一家が帰っていきました。

今回の2泊3日は、とても幸せな時間を過ごすことが出来ました。

わたしが自分で自分を癒し、ひとつ、我慢することを止めて、自己主張した結果、弟に☆この手紙☆を出すことになり・・・

わたしの現実は一変しました。

まず、わたしの中に凛ちゃん(元ミーちゃん)がいなくなったせいでしょう。

姫ちゃんは、それ以前と同じように、「おばちゃんおばちゃん♪」とわたしに懐き、仲良く遊んでくれました。

更に、あんなに怖がっていた父に対しても、「おじいちゃん、××行こう!」と父の手を自分から取って引っ張り回し、一緒に遊んでくれたのです!

勿論、おばあちゃんとは今回も仲良く遊んでくれた・・・だけでなく! 

洗濯物を畳むお手伝いまでしてくれました!(・。・;

今年の4月から幼稚園へ通い始めたからでしょう。

行動もとても活発になって。

女王様のような振る舞いも、もうほとんど見られなくなっています。

そして・・・

変わったのは、姫ちゃんだけではありませんでした。

今回わたしが一番変わったと感じたのは、お嫁さんの表情です。

とても、やわらかくなっていました。

きっと、お嫁さんはこれまでずっと、怖かったんじゃないかと思います。

わたしや両親から、どう思われているのか。

疑心暗鬼にもなったろうし、罪悪感もあったでしょう。

けれど、わたしが弟へ手紙を送ったことによって、不安が解消され、心の淀みが流されたのではないかと思います。

玄関で「いらっしゃい!」と出迎えたわたしや両親に見せてくれた笑顔は、本当に晴れ晴れとして、嬉しそうでした。

弟はまあ相変わらず、口調は無愛想でしたが・・・

な、なんと! 今回は、自分たちが使ったお布団を干して行ってくれました!

な~んて。

このくらいはね。

たぶん、してくれるんじゃないかな~(゜.゜)とは思ってたんですが^m^



唯一、姫ちゃんの過剰な偏食は相変わらずでしたが・・・

これについては、わたしは心配していません。

なぜなら・・・

やっぱりこの偏食に関しては、姫ちゃんが、弟の問題を体現して見せてくれているだけのように感じられるからです。

だとしたら。

弟が、『自分で自分を癒す』ことが出来た時、きっと、姫ちゃんの偏食も治るはず。

そして・・・

弟はきっと、間もなく、わたしと同じような体験をすることになるだろうなと、わたしは思っています。

が、それはあくまでも、弟の問題であって、わたしの問題ではありません。

だから、あるがまま、わたしはわたしの次の課題に取り組みたいと思っています。

・・・というより、すでにもう、取り組んでいます。

わたしがわたしを癒した=許したことで、家族関係だけでなく、お仕事における現実まで一変してしまったのです。

わたしは今、とても恵まれた条件の元、脚本のお仕事に取り組んでいます。

ただし、『アダルトチルドレンとカインコンプレックス』という当初のテーマは何の前触れも無く却下となり、急きょ、『環境問題』というテーマを与えられることとなりました。

実はこれ、関西弁蛙さん達とのお茶会の席でも話していたことだったのですが。

あの頃ちょうど、フェアリーオラクルカードで、『環境問題』に取り組めという内容のカードを頻繁に引いていたのです。

で、その後いくつかサインを受け取っていたのですが・・・

統合を終えた翌日(28日)、終に、予定通り、長野県某所の弁財天様に呼ばれてゆくこととなりました。

が、この件についてはまあ、詳細を書く必要は無いと思うので。

この『ちょいすぴ』は、これでもう卒業です。



ああそうそう!

ひとつ、書き忘れておりました。

弟へのお手紙を書き終えた時、胸の真ん中で、手紙を出すことを拒んでいる存在がいることを感じたので、コンタクトを取ってみました。

で、アナタは誰? と聞いてみたら・・・

「我は祟りなすモノ」

と答えました。

その存在は、弟に対して怒っていました。

「他人の我慢の上に胡坐をかいて。自分は今の方が楽だから、何も変える必要は無いなどと言うヤツを、許す必要など無いではないか!」

この存在の主張に、わたしはとても共感しました。

それでも・・・

「わたしは弟を許す! 許したいの!!」

そうキッパリと宣言し。

翌日。原稿の締め切り間近で時間に余裕が無い中、プリンターが不調で手紙を印刷出来ないという妨害を受けつつも・・・

絶対に負けるもんか! と、手書きでお手紙を清書。

プンプンと怒りながら、ポストに投函してきました。

で、ヒューズ夕子さんのリーディングを受ける前夜も、お風呂の中でその存在がつながってきて、こう言いました。

「我を、あの女に裁かせる気か」

わたしは何となく、この祟り神的存在に、こんな言葉をかけました。

「アナタもきっと、誰かのために、皆のために、自分の身を犠牲にして尽くしたんだね。頑張ったんだね。けど誰も、アナタの想いを理解してはくれなかった。わかってはもらえなかった。だから・・・皆も自分と同じ目にあえばいい。同じ『体験』をしてみれば、自分の気持ちもわかるって、そう思ったんだね。結局アナタも、『愛』だったんだ。元々は、『愛』だったんだよ。光だったんだよ。思い出して」

途端に、「我は祟りなすモノ」と名乗った存在は、泣き出しました。

わたしがこの存在にかけた言葉は、あの『化学反応』以降、わたし自身が思っていたことでした。

わたしはこのブログの中で、何度となく、『体験して欲しい』『体験してみなければわからない』と繰り返してきました。

この言葉を発していたのは・・・

きっと半分は、『祟りなすモノ』だったんだなと、この時気づきました。

けれど・・・

「同じ目にあってみなければわからない。同じ目にあえばわかる」

という『祟りなすモノ』の考え方って、実は『真理』なんですよね。

実際、人は自分で『体験』してみるまで、何事も、本当には理解出来ない。

だからこそ、何度も何度も転生を繰り返し、配役を変えて、色んな立場での『体験』を重ね、学んできたのだから。

光も闇も無い。

本当はどちらも光。

スピ系のブログで、そんな言葉を何度か目にしたことがあったような気がするけれど・・・

ああ、あれはこういうことだったのか~(゜.゜)

と、はじめてわかったような気がしました。



というわけで、今度こそ『おしまい』です。

また新しいブログをはじめる予定ですが。

しばらくは、今取り組んでいるお仕事に集中します。

新ブログ、開設したら、こちらで告知させていただきますね。

それでは、とりあえず。

長らくお世話になりました。

読者の皆さま、特に、コメントを通じてわたしと関わって下さった方々には、心から感謝しております。

本当に、ありがとうございました<(_ _)>

愛と感謝をこめて



追記

もうひとつだけ、書き忘れてました。

姫ちゃんのことです。

姫ちゃんは、とても感受性の強い子です。

周りにいる大人たちの感情にも、とても敏感。

だからこそ、ミーちゃんのエネルギーに反応し、わたしのことを猜疑心に満ちた目で睨みつけていたのではないか? という気がするのは・・・

わたし自身が、そういう子どもだったからです。

わたしは夜泣きが酷かったし。

親の本音も見えていました。

「同じ我が子なのだから、同じくらいかわいい」

という母の言葉が詭弁だと、わかってしまうからこそ傷ついていました。

そして・・・

たとえ言葉には出さなくても、母が傍にいる誰かのことを快く思っていないと、わたしもそれを感じ取り、その人のことを嫌いになりました。

あからさまに、拒絶した態度を取りました。

子どもって、そういうものなんだろうと思います。

子どもは、親が思っている以上に、親の想いに応えようとします。

だからこそ、親御さん自身が、自分で自分を癒し、心を開いて周囲の人と関わりを持つことが大切なのだろうと、わたしは思います。

けど、傷ついたままでは、怖くて心を開けません。

恐怖のあまり、誰かれ構わず噛みついてしまうかもしれません。

そうやって、相手だけでなく、自分も傷つけることになってしまう。

親にしかわからないことがあるように。

親ではないからこそ、わかることがある。

姫ちゃんは、わたしや両親と一緒にいる時、とても幸せそうに見えました。

情緒も落ち着いているようで、わがままも言いませんでした。

子どもには、親以外に見守ってくれる大人が必要なのだと感じました。

子育てもまた、『分かち合う』ことが大事なのだと、感じました。

エネルギーの奪い合いなど止めて、心を開き、交流し合うことが大事なのだと。

けれど。

たったそれだけのことが、傷ついた人たちにとって、どれだけ難しいことか・・・

わたしも当事者でしたから、よくわかります。

だからこそ、自分で自分を癒して欲しい。

そのために必要な情報は、書ききったつもりです。

後は・・・

『体験』するかしないか。

選択は自由☆

というわけで、今度こそ『おしまい』。

とっぴんぱらりんのぷう。


今日のトーテムアニマル

ちょいすぴ卒業記念

追記

注:プレゼントは、全てセットとなります。

ので、当選者は1名のみ です。

ご了承くださいませ<(_ _)>




これまでの感謝の想いを込めまして。

プレゼント企画を立ててみました☆

と言っても・・・

プレゼントの内容は以下の通り。

ねこきち が参考書として読んだ漫画本(ブックオフで大人買いした古本です)。

『八雲立つ』と『陰陽師』の全巻セット

      +

ねこきち愛用の(お下がりとも言う)『ギャラクティック・ルーツ・カード』。




・・・こんなんでも、欲しい人っているのだろうか?(;一_一)

どうですか?

いりませんか?

もし。

欲しいわ~(*^。^*)

という奇特な方がいらっしゃいましたら、コメント欄にてご応募くださいませ<(_ _)>

募集期間は今月11日まで。

万が一、複数の方からご応募いただいた場合には、ねこきちの独断と偏見で選ばせていただきます。

というわけで。

住所等は選ばせていただいてから、鍵コメにてお知らせいただきます。

ので、エントリーの段階では、HNと「欲しいわ~」というコメントのみで大丈夫です。

それでは。

ご応募お待ちしております☆

お礼

実は、ねこきち初の『お茶会』にて、関西弁蛙さんから、こんなステキなプレゼントをいただいちゃっておりました。

『図書館で調べる』

ほほ~。
なるほどな~。

と、一応物書きのはしくれであるオイラには、とっても役に立つ本でした。

けど、物書きじゃない方々にも、新鮮なんじゃないかしら?

というわけで。

関西弁蛙さ~ん、遅ればせながら ありがとう~☆

何だかんだ、ずっと記事にするタイミングを失ったまま、卒業宣言。

してしまったので。

こんなタイミング。

申し訳ないm(__)m

最後の課題

実は、卒業宣言をした後も、クララさんのことが、ずっと心にひっかかっていた。

で、『日本の神様カード』でも、ここ数日、ずっと『宗像三女神』様のカードを引き続けていた。

「大切な人との関係性は早めに修復するように」

それはきっと、クララさんのことだと思った。

けれど・・・

わたしは、どうしたらイイのかわからないまま悶々とし続け。

今日、唐突に、直接お話ししてみよう。

と思い立ち、その旨、クララさんのブログのコメント欄でお願いして・・・

ついさっき、電話で直接お話しした。

と言っても。

電話していきなり、わたしは泣き出してしまったのだけれど。

電話をかける時点で、もうすでにガクガクと激しい震えがきていて。

最初に言葉を交わした後はもう、これってパニック発作なんじゃないのか?!ってくらい、ハアハアと呼吸があがってしまい・・・
(注:わたしはこれまでパニック発作を起したことはありません)

これじゃあただの変態だと思われてしまうじゃないか(;一_一)

と思いつつ、止められず。

クララさんにはけっこう長い間、あえぎ声を聞かせてしまった。

申し訳ないm(__)m

けれど、クララさんは優しく応対して下さり。

これと言って、わたしに対して言いたいことも無いようで。

確かに、わたしが勝手に思い出し、勝手に怖れ、勝手にパニくっていただけなので。

何を言っていいのやら

って感じだったのかもしれない。

それでも、直接、自分の言葉で謝罪出来たことで、わたしはとても、ホッとした。

これで、やっと本当に、終われたと思った。

クララさん、本当にありがとう



それにしても・・・

すごい震え方だった。

電話を切ってからもう20~30分は経っていると思うけれど、まだ、腕が痺れている。

なんていうか、細胞に『恐怖』が沁みこんでいたって感じ。

ヒューズ夕子さんのリーディングでも、細胞に『不安』が沁みこんでいるって言われたけど。

これもまた、DNAに刻み込まれた『恐怖』だったんだろうか?

ま、考えてもどうせわからないことだから、もうどうだってイイけど。



で、改めて今、思ったんだけど・・・

電話で直接お話ししたクララさんは、あの『化学反応』の真っ最中、メッセージのやり取りを交わしていた頃に感じていたクララさんの印象とは、まるで違っていた。

まあ、当たり前と言えば当たり前なのかもしれないけれど・・・

結局のところ全ては、わたしが作り出していた『幻想』だったのかもしれないな(゜.゜)って気がしてきた。

本当に、わたしがこれまで『体験』してきたことは全て、わたしが自分で作り出した『幻想』だったのだろうか???

まったくもって、わからない。

わからないけど。

とりあえず。

お仕事を頑張ります。

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。