Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人格統合への取り組み 50

記憶が薄れないうちに、ヒルコさんのことを書いてしまいます。

わたしはその晩、ヒルコさんを説得しようとしていました。

「ヒルコさん、わたしはもう、日陰はイヤなの。日向に行きたいの! 日陰で学ぶことはもう、充分に学んだと思う。だからもう、日向に行こうよ。一緒に」

完全に、わたしのエゴです(-_-;)

で、ヒルコさんの反応は・・・

ヒル「イヤじゃ! 絶対にイヤじゃ!! 我は日向では生きられぬ!!!」

完全拒否。

でもって、ものすっごく頑なな感じで。

わたしは途方に暮れてしまい・・・

例の如く、オラクルカードに助けを求めました。

使用したカードは、日本の神様カード。

で、お出ましになられたのは・・・

『泣澤女神(なきさわめのかみ)』様

メッセージは・・・

「あなたが押し込めてしまった涙を、外に出してあげましょう」

ああそうか。

と、わたしは遅ればせながら気がついて、泣澤女神様に力を貸して下さるようにお願いしました。

すると・・・

ヒルコさんがまた、話し始めました。

ヒル「おまえには わからんのじゃ! こんな姿で、どうして日向になど、人前になど出られよう。絶対に嫌じゃ! 嫌じゃ嫌じゃ!!!」

ヒルコさんが、泣き始めました。

ヒル「我は、こんな姿で生まれて来たがために、実の母にさえ抱いては貰えなんだ。生まれたことを、喜んでは貰えなかったのじゃ。おまえにはわからん! 我の思いは、おまえにはわからん!!!」

確かに、その通りだと思いました。
わたしはなんと、無神経で傲慢だったのだろうと、心から恥じ入りました。
結局のとこ、わたしは、自分の都合しか考えてはいなかったのです。
自分が日向に出てみたいばっかりに、ヒルコさんのことを都合のイイようにコントロールしようとしていただけだったのです。
と気がついてしまったら、もう何も言えなくなってしまい・・・
てか、かけられる言葉なんて見つかるはずもなく・・・

ただただ、ヒルコさんと一緒になって、泣いていました。
泣き続けました。
号泣です。
その間、わたしの体はなぜか? ホカホカと温かくなっていきました。
何かとても温かい『気』のようなものに包まれている気がしました。
泣澤女神様のエネルギーだったのでしょうか?

更に・・・

ヒルコさんから、ヴィジョンが流れ込んできました。



何かに包まれ、何かとても頼りないモノに乗せられて、ヒルコさんは海へと流されました。

海の上で漂いながら、ヒルコさんはボンヤリと、空を見ていました。

やがて、ヒルコさんは海中へと沈み・・・

ゆっくりと、海の底へ辿りつきました。

暗い暗い海の底から、ヒルコさんはやっぱり上を見ていました。

海面から、キラキラと輝く日の光が差し込んでいました。

とてもキレイでした。

ヒルコさんは、深い深い孤独と絶望の淵から、その光をジッと、見つめていました。

他に出来ることなど、何一つありませんでした。

そして・・・

そんなヒルコさんのことを、見つめているモノの存在を感じました。

けっしてイヤな感じではありません。

「あれはいったい何だろう?」

ソレはそんな感じで、ヒルコさんのことを見ていました。



で、ヴィジョンはここで終了。

ヒルコさんは泣き続け・・・

わたしは、こんなことを考えていました。



ヒルコさんははたして、わたしの『分裂人格』なのか? あるいは『過去生』なのか?

もし、ヒルコさんが過去生なのだとしたら・・・

わたしには、『奇形児として産まれて来た』過去生と、『奇形児を産んでしまった』過去生、やっぱり両方あったんだな~(゜.゜)

と腑に落ちる気がしました。

『奇形児を産んでしまった』過去生とは、すでにもう世界樹に還っていた 爬虫類型の彼女 のことです。

爬虫類型の彼女は、奇形児として産まれて来たのであろう我が子をその腕に抱かせて貰うこともなく、目の前で処分されてしまいました。
彼女は我が子を見た途端、激しいショックを受けてはいましたが・・・
どうやら、本当は我が子を育てたかったという“思い残し”があったようで。

わたしはその後、彼女に、分裂人格の『小雪』や『マコト』を育て直して貰いました。

ので、彼女なら、ヒルコさんのことを救ってあげられるのではないか・・・

と、閃きまして。

ダメもとでね、呼んでみたんですよ。

彼女のことを。

そしたら何と(@_@;)

来てくれまして。

付き添いなのか?

天使を一人(?)連れて。

彼女は無言でヒルコさんを抱きしめて。

その途端、ヒルコさんはまた、泣きだしました。

当然、わたしも泣きました。

でも、泣き方が全然違ってて。

そしたらね。

誰だったかな?

誰かがね。

「ヒルコは世界樹に還す。そして、新たに生まれ変わる」

と言って・・・

わたしも。

ああ、それがイイね。
それしかないよね。
ヒルコさん、今度は“美しく”産まれてきて、どうか、幸せになってね。

と祈り・・・

ヒルコさんは爬虫類型の彼女に抱かれたまま、天使さんに付き添われて、上へと昇って行きました。

たぶんね☆



精神世界ランキング



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

通過儀礼 その79

(本日2つ目の記事です)



お待たせいたしました<(_ _)>

それでは・・・

青森に行くことになった少し前から、振り返って書いてみたいと思います。

5月5日。帰省していた弟一家を送り出し・・・

5月7日。ギャラクティック・ルーツ・カードを引いてみたら、出たのは・・・

『47 レムリア期』

更に・・・

5月9日にもまた、同じカードを引きまして。

このカードのメッセージの概要は・・・

レムリア期は、地球における女性原理的な周期をあらわしている。
女性的な文明のサイクルが再び訪れようとしている今、これまでの古いやり方が崩壊しようとしている。
あなたがこのカードを引いたのは、地球のレムリア期と強い関係があり、それが今生に影響を与えているから。
それを探求しよう!


確かにね(;一_一)
あたしゃあ地球のレムリア期と強い関係がありましたよ(-_-;)

けど、思い出したのは、(恐らく)レムリア崩壊の時の断片的な記憶のみ。

他にも思い出すべきこと、ありそうだよな~(゜.゜)

と思いながら、ふいに、何となくね、衝動が湧いてきました。

う~ん。

レムリアンシードが欲しい(;一_一)

わたしはこれまで、石にはさほど興味が無くて。

持っている石のほとんどが1000円以下の超お手頃価格。

で、数もそんなに持ってませんし。

増やしたいとも思ってはいませんでした。

にもかかわらず。

この時は、何だか無性に欲しくて欲しくてたまらなくなり・・・

カーサロータスやマナさんのショップを巡った後、2つ目に覗いた石屋さんのネットショップで、その石を発見!

「これだ! これがわたしの石だ」

と、久しぶりにつながってきたレムリアのアエルに言われ・・・

「けど、この石すごく高いよ。1万5千円もするんだよ(-_-;)」

と、渋りつつ・・・

「大丈夫。必要なモノは与えられるから」

と言い切られ・・・

結局のとこ、1分も悩まずに購入手続きを済ませまして。

配達予定日になっていた5月12日の朝。

夢を見ました。

夢の中で、わたしは引っ越しの準備をしており・・・
その作業中、色々と何か命じてくる母に、「わたしはお母さんのロボットじゃない!」と怒ったり・・・
弟一家が 家(実家)中にゴミを散らかしっぱなしにしていることに怒ったりしつつ・・・
夢の中でね、わたしは思っていたのですよ。
「ああ、これは浄化だ」と。

で、目が覚めまして・・・

レムリアンシードが無事到着。

この日はちょうど惑星直列があった日で。

その影響だったのか?

一日中すごく眠くて・・・

にもかかわらず。

お布団に入ってからは、中々寝つけず。

わたしは久しぶりに、クリロズ(って何???って方は、書籍化もされた有名スピ系ブログ『なにが見えてる?』をご参照くださいませ<(_ _)>)に行ってみることに。

で、ある方と二人でバラ園を散歩した後、噴水の淵に腰かけて、一緒にいた方に乞われるがまま、この歌 を唄っておりましたら・・・

マリア様と、その他大勢の方々(←光っててよく視えませんでした)が、拍手しながら近づいてこられまして(・.・;)

「もう一度唄って」

とおっしゃるので、唄ったら・・・

「あなたの声には、癒しの力が宿る。これからは、声を使ったヒーリングをしていきなさい」

と、マリア様がおっしゃって。

でもって実は・・・

すでにもういつ頃のことだったか忘れてしまったのですが

少なくとも、あの クリスタルボウル・コンサート の後・・・

わたしはまた夢の中で、どなたかの面接を受けていたらしく。

その席で・・・

「これからは、声を使ったヒーリングをしていきたいです」

と、自ら希望を語っており。

にもかかわらず、『声を使ったヒーリング』とは、はたしてどんなヒーリングなのか???

本人全くわかっておらず

しかも・・・

「わたしはもうすぐ、『巫女の力』を失ってしまうんです」

(※たんたんさん曰く、巫女が発する言葉には、それが口から発せられるものであれ、文字として綴られるものであれ、『言霊』が宿るのだとか)

と、クリスタルボウル・コンサートの後、(確か)弘法大師様から(だったと思う(;一_一)←すでにウル憶え)予言されていたことをマリア様に申し上げたら・・・

「大丈夫(^-^)アナタには、『経験』からしか得られない『力』がある。その『力』は、『巫女の力』よりもずっと大きく、価値がある。アナタはもっと、自分の価値を認めなければならない。アナタは光。『闇を知る光』。『闇を知らぬ光』は、目の前に立つ人の闇を更に濃くする。けれど、『闇を知る光』は、目の前に立つ人の闇そのものに光を当てて、その姿を露わにしてしまう。だからこそ、闇を抱えている人々は、アナタを恐れ、否定し、遠ざけようとする。アナタに背を向けて去っていく。それでも、アナタは自分自身で、自分を満たし、肯定し、信じ続けなければならない。だからこそ、アナタはいつも、孤独だった。孤独に耐えうる強さを求められた。けれど・・・今生、アナタには、これまでどんなに望んでも与えられることがなかった○○が与えられる。その○は・・・(以下内緒)」

と言われまして。

わたしはまた改めて、あの『化学反応』を体験したことの意味を深く理解。
すると同時に・・・
このブログのアクセス数が未だ1日に30前後しか無いことの理由もわかったような気がしました。

で、この翌日=5月13日の夜。

どのオラクルカードだったか? 確認するのが面倒なんで、そこはするっとスルーしますが、『直感を信じろ』って意味のカードを引きまして。

正に、その直後・・・

自称・キリストさんがね、言ったんです。

「明日、『森のイスキア』へ行きなさい」と。



一旦〆て、つづきます。



精神世界ランキング



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

通過儀礼 その80

(本日3つ目の記事です)



ちょっと戻って。

5月8日。

わたし、図書館に行きまして。

借りていた本を返却し・・・

新たに選んだ本を借りて帰ろうとしたら・・・

顔見知りの司書さんに呼びとめられまして。

「ああ良かった! さっき ねこきちさんを御見かけして、何か言わなきゃいけないことがあったような気がしてて(*^。^*) 予約されてた本、ご用意出来てますよ♪」

と手渡されたのが、この本 でした。

が・・・

わたしポカン(・.・;)

たぶん、何かネットで調べものでもしていた際に、たまたまこの著者の情報に行きあたり、そのままネットで本の予約をしたのだろうとは思うのですが・・・

その間の詳細な記憶は一切スッポリと抜け落ちてしまっておりまして(-_-;)

未だに、思い出せない始末((+_+))

であったが故に、なおのこと・・・

5月13日。

突然 自称・キリストさんから「『森のイスキア』へ行け」と言われた時は、この本 に関する一連の出来事全てがサインだったことを改めて確信。

しつつも・・・

何しろ『青森』です。

遠いです。

遠過ぎます(T_T)

ので・・・

「もしかしたら、これは妄想かもしれない(;一_一)」

と、思った途端・・・

「アナタはこれが本当に、妄想だと思えますか?(-"-)」

と、めっちゃクールな感じで言われ・・・

確かにね。

妄想である可能性は、限りなく0に近いと思いました(-_-;)

なぜなら・・・

わたしは別に、『青森』になんて行きたくなかったから(ーー゛)

てか、すっごく行きたくなかったから!

だってさあ、ここ、千葉ですよ(-_-メ)

千葉から青森って・・・(/_;)

しかも、前夜に告知って・・・(/_;)(/_;)(/_;)

3日後の午前中には、歯医者の予約も入れちゃってたし。

両親にあれこれと詮索されずに家を空けられるのも、せいぜい1泊2日まで。

ってことは・・・

翌早朝に家を出て、青森に1泊。翌日の夜には自宅に戻って来なければならないわけで。

この時すでに、21時を回っておりましたからね。

正直、相当迷いました。

慌ててパソコンを立ち上げて、マナさんのブログを訪問。

マナさんが急きょ富士山に呼ばれた時の記事を読み返し・・・

オイラは正直、思いましたよ。

いくら同じ新幹線に乗るとはいえ・・・

せめてギリギリ、富士山だろ(T_T)

無茶ぶり過ぎる(T_T)(T_T)(T_T)

無茶だ。

無茶だ。

ムリだ・・・

と思った途端。

「絶対に行きなさい! 行かなければ、運命が変わってしまう!! 行きなさい!!!」

珍しく。てか初めて、自称・キリストさんが決然と、厳しい口調で伝えてきました。

で、さすがに・・・

わたしも(泣く泣く)腹をくくりまして。

黙々と荷造り開始。

日付をまたぐ前にはお布団の中へ入ったものの・・・

ドキドキして、なかなか寝付けず。

寝た気が全くしないまま、翌朝5時半に起床。

両親には「急きょ『企画の勉強会』に参加することになり、今日中には帰って来られないので友達の家に1泊してくる」と大嘘をつき、始発電車に乗って青森へと出発したのでした。



つづきます。



精神世界ランキング



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

通過儀礼 その81

さて、とりあえず、「持っていけ」と言われたレムリアンシードをバックに入れて、東京行の特急列車には乗ったものの・・・

この時点で、ねこきち のお財布の中に入っていたお金は 千円札が2枚と小銭のみ。

というわけで・・・

東京駅についたらなら、まずはお金を下ろす必要がありました。

が、この日は土曜日。

ねこきち が唯一持っている銀行口座は、震災以降節電対策のため、東京駅構内にあるキャッシュディスペンサーは使用できなくなっており・・・

使えるのは、郵便局の口座のみ。

東京駅構内のどこに郵便局があるのか?

一応知ってはいました。

ただし・・・

上京する際は通常「高速バス」を使用しております故、バス乗り場から行った場合の道順しかわからず(>_<)

更に・・・

オイラったら、超~~~がつく方向音痴♪

\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

ま、いつものパターンなら完全に、予定通りの新幹線には乗り遅れるだろうね(;一_一)

って状況でした。

が・・・

「大丈夫だ。絶対に間に合う」

と、久々に登場したミカエルさんは自信満々。

で、実際のとこ・・・

直感に従って行ってみたら・・・

(たぶん)最短ルートを辿って郵便局に到着。

数分の余裕を持って、新幹線に乗り込むことが出来ました。

しかも!

階段を駆け上がったちょうどその場所が、自分の指定席がある車両の昇降口付近だったという偶然(という名の必然?)まで!

ってことは・・・

やっぱ昨夜のアレ、妄想じゃなかったってことかなのかなあ?(゜.゜)

と、やっぱりちょっと半信半疑だった ねこきち は、少しだけホッとしつつ・・・

脳裏には、新たな疑問が。

「『森のイスキリ』に行くのはいいけどさ。そこでオイラ、いったい何をするわけ???」

この疑問に、いったいどなたが答えて下さったんだったか?

もうすっかり忘れちゃいましたけど。

確か自称・キリストさんか、サナンダさんか、あるいはマリアさんだったかしら? から・・・

佐藤初女さん に会え」

と、ものすご~~~くザックリしたご指示をいただきまして(-_-;)

ねこきち、更にブルーに(/_;)

だってさあ、会ってどうしろって言うのさ?

わたし別に、佐藤さんに聞いて貰いたいような悩みごとなんて特に無いし。

いやまあ実際のとこ、現実的なレベルにおいては、この先どうやって自活していったら良いのか? っていう悩みはあったけれども。

わざわざ千葉から青森まで行って相談するようなことじゃないと思うし(ーー゛)

そもそも、千葉から青森まで、旅費だけでいくらかかると思ってんのさ!

往復で五万円近いんだからね!!!

レムリアンシードだって買っちゃったばっかりなのに(T_T)

歯の治療費だって、予想以上にかかっちゃったのに(/_;)

なんてことを考えていたら・・・

「アナタは彼女の後継者だ」

みたいなことを言われ・・・

はあ???(+o+)

どういうこと?

オイラ別に、クリスチャンじゃないし。

これからなるつもりも無いし。

益々「意味わかんねえ!」って感じになり。

何だかもう、考えるのも面倒になってしまったオイラは・・・

ウトウト・・・

(-_-)zzz

としつつも・・・

どうも胸の真ん中が、苦しいような、痛いような・・・

緊張してるせいかなあ?

なんてことを思いつつ・・・

あれ?

どうしたんだろう?

自称・キリストさん、何だか元気が無い?

と話しかけてみても・・・

リアクション薄

で、オイラもぐったり(=_=)

しつつ・・・

どうしよう(;一_一)

『森のイスキア』

やっぱりさあ、いくらなんでも、いきなり行っちゃうのはマズイよね。

一応事前に電話くらいはしておかないと・・・

と、実はね、新幹線に乗る前に、考えてはいたのですよ。

けどなぜか、どうしても電話をかける気になれないまま、新幹線に乗ってしまったのです(=_=)

行ってみて、もし誰もいなかったらバカみたいじゃん(-_-メ)

と思いつつね。

だから余計に気が重くって。

それなのに・・・

「大丈夫! 絶対に会えるから(^-^)」

って、自信満々で言われて・・・

誰からだったか忘れちゃったけど(-_-)

で、新青森駅に到着。

してみてビックリ(@_@;)

あれ???!!!

ネットで調べて来た到着時間と違う!

1時間以上オーバーしてるじゃん!!!

で、やっと気がついたんですよね。

ネットの情報は、震災前のままだったんだって

てなわけで。

動揺したまま路線を乗り換え、何だかんだありながらも弘前駅へ。

で、弘前駅のホームまで来てやっと、『森のイスキア』へお電話したのですが・・・

またしても、ねこきち の期待は大きく裏切られることになったのでした(~o~)



精神世界ランキング



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

案の定、昨日の朝から生理がはじまりまして。

昨日ねこきちは1日中使い物になりませんでした。

皆さまはいかがおすごしでした?

近況

お久しぶりでございます<(_ _)>

皆さまいかがお過ごしですか?

ねこきちは新月以降、浄化モードが続いておりました。

と言っても、体調は問題無し。

問題は感情面で。

ネガが浮上。

この時 カプセルに収容したきり放置していた(たぶん)黒アエルに再会し・・・

ドバッとネガが噴出して・・・

もうぐったり

詳細はまた改めて記事にさせていただきますが・・・

とりあえず、今日のところは つぶやき のみ。

ところで・・・

ついさっき、リンクさせていただいている ふりかけおにぎりさんのブログを訪問してみたら、富士山の話題が。

で、ふいに思い出したのが、3年前にご紹介させていただいた こちら の先生の絵。

2008年、わたしはふいに舞い込んできたエコ関連のお仕事を通じてこの方に取材を申し込むこととなり。
その後間もなく、リーマンショックの影響で企画自体がポシャってしまったのだけれど・・・

このお仕事には、何だか妙に、運命的なものを感じており・・・

企画がポシャった後、瑚月さん(当時は兎月さん)のお試しセッションを受けさせていただいた際、この時のことをお話したら・・・

「ああ、それは絵だね。その絵(をわたしが見ること)に意味があったみたい」

と言われ・・・

確かに、先生のHPで浅間神社に奉納されたという太陽の絵を見た瞬間、わたしは何か、すごいエネルギーをビンビン感じてしまったのでした。

いや別に、だからどうだという話ではないのですが・・・

何となくね、書いてみたくなったので。

書いた方がいいかなと思いまして。

『何となく』って、シンクロの波に乗る上で、物凄く大切な感覚だから。

ちなみに・・・

ねこきち の父方の祖父の名前は、伊勢松さん。

三谷先生も、伊勢神宮のおひざ元で育ったのだとか。

ちなみにパート2・・・

富士山と言えばコノハナサクヤヒメ様ですが・・・

ねこきち が何度か メッセージ をいただいたことがあるのは イワナガヒメ様。

で、イワナガヒメ様、たぶんいつも、ねこきち の足元の辺りにいらっしゃるような・・・

ま、妄想かもしれないけどね((+_+))



それにしても・・・

なんちゅうか・・・

コノハナサクヤヒメ様が『陽』だとすれば、イワナガヒメ様は正に『陰』。

で、『カイン』コンプレックスとかも持ってたっぽいよね(p_-)

なんだろうね~。

結局のとこ、オイラとことん『闇』担当なんだろうね~(゜.゜)←遠い目



こんな つぶやき程度でも、おねだりしても良かですか?
     ↓
精神世界ランキング



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。