Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通過儀礼 その55

これもまた、mixiの日記から(ほぼ)転載です。



2月23日の夜。
神官だった天子さんの様子を見に行ってみると・・・
(面倒くさいので、この人のことは以下、レムリアの天子の略で『レム天』と表記させていただきます)

ハートチャクラでは、レム天Aがうずくまっており。

第二チャクラでは、レム天Bが相変わらずカプセルの中に死んだように横たわっていた。
胸の穴は、まだ塞がっていなかった。色も悪い。

ミカエルさん曰く、「カケラが足りない」かららしく・・・

わたしは再び、カケラを取りにレム天の胸の穴=闇の中へ。

潜ってゆくと、涙が込み上げてきた。
で、泣きながら、更に深く潜ってゆくと・・・

小さな黄色い光が見えた。

その光を掴んだ途端!

また、「愛していたのに」という言葉が浮かんできて・・・

とってもカワイイ、小さな男の子の笑顔が見えた。
と同時に、大勢の子供たちのイメージも伝わって来た。

で、浮上して。
取って来た光=魂のカケラをレム天Bの胸の穴の中へ納めると・・・

穴が塞がった!
と思ったら、カプセルの中のレム天Bが目を開けて、ゆっくりと起き上がった。
ら・・・
いつの間にか、ミーちゃんがハートチャクラから、レム天Aを連れて来ていた。
で、二人のレム天は向かい合って立つと・・・

合体☆

したレム天曰く・・・

「わたしは、民を愛していた。民のためにと思って、したことだった。けれど、間違ってしまった。わたしは民を巻き込んだ。助けられなかった」

とのこと。

どうやら、レム天たち神官グループは、自然な流れに逆らって、自分たちに都合のいいように、何かをコントロールしていた(しようとしていた?)らしい。
で、その結果、あの爆発が起こってしまったようで・・・


レム天はまたしても、声をあげて泣いた。
泣き続ける彼女にわたしは・・・

「今生では絶対に、間違わない。わたしは、わたしの役目を果たすから」

と、極々自然に、言ってしまった。
本当に出来るのか否か?考えもせずに。
ま、考えたって、わかるはずもないことだし。
極々自然にそう言ってしまったということは、それがわたしの本心であり、望みなのだろう。

と・・・

ここまで思い出して(?)しまえば、認めざるを得なかった。

で、やっと泣きやんだレム天を、わたしはハグして・・・

統合した☆

つもりだったのだが・・・

翌日も、胸の真ん中が痛かった。
で、やたらと眠いな~と思っていたら・・・

入浴中。
ハートチャクラにレム天のヴィジョンが見えて。
今日(=2月26日)、ブログに『近況』として綴った内容のメッセージを伝えてきた。
というわけで・・・



『コントロールを手放す』ことは、レム天の課題・・・てかカルマ? でもあったのではないかと、そんな風に思ったのでした。

おしまい。



ああそうそう!
これは昨夜(=2月25日深夜)、レム天とお話していてわかったことなのだけれど・・・

二つ目の魂のカケラを掴んだ時に見えた子供たちのヴィジョン。
あれは、神官候補として集められた子供たちで、レム天は、彼らを指導する立場に居たらしい。

そう。

権力があったか無かったかの違いだけで、レム天と天子先生は、ほぼ同じような役目を担っていたのだ。

この時、「(今生に)生まれてきた目的は?」 と聞いたわたしに、インナーセルフである天使の天子さんは・・・

「子供を助けるため」

と答えた。

その理由が、改めて、よくわかった。腑に落ちた。

と言っても・・・

「子供たちを助ける」ために、今生わたしがいったいどんなお役目を担うことになるのか?

具体的にはまだ、ボンヤリとしか見えてはいないのだけれど。





まだボンヤリとしか見えないパズルのピースが、いつか、近い将来、ハッキリとした形を持って、治まるべき場所へと治まっていった時・・・

いったいどんな素晴らしい『絵』が浮かび上がってくるのか?

今はただ、ワクワクしながら、想像していようと思います☆



毎度ありがとうございます<(_ _)>
     ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

人格統合への取り組み 42

本日2つ目の記事です。

下書き状態で保存しておいた過去の日記を読み返していたら、潜在意識の中で母を撲殺してしまった時の記録が残っていたので、転載します。



(11月9日の日記より)

今朝見た夢。

収入も無いくせに、また洋服を買ったのかと、母からチクリと嫌みを言われ・・・

脚本家としてダメになったことが気に入らないんでしょ!

わたしは母に食ってかかった。ら・・・

「仕事がちょっと入ってきた頃は良かったと思ってたけど」

と母は言い、わたしを軽蔑したように見た。

その途端、わたしは拳で母に殴りかかり、倒れた母の上に馬乗りになって、その顔に何度も何度も自分の拳を叩きつけた。

もうホント、ボッコボコ。

で、ああ、わたしって、母に対してこんなにも『怒り』を感じていたんだな・・・

と思いながら目が覚めた。





で、これは昨夜のこと。

って言っても、午前4時前。3時半くらいだろうか?

ふいに気がついて目が覚めた。

わたしが小説を書けなかったのはきっと、ご先祖様と神社の問題を解決していないからだったのではないか?

それが済むまでは、サイキックな能力を開くことも出来ない。

なぜなら危険だから。

ハートの封印というのは、実はこの問題とつながっていて・・・あるいは、この問題そのものが封印となっていて、わたしはハートとつながれず、小説を書くためのインスピレーションを受け取れないのではないか?
あるいは、ヘビさんがわたしに気づいて欲しいがために、つながれなくしているのか?

どちらにせよ、わたしはこの問題を解決する。

ヘビさんを光へ戻し、神社も浄化して、神様に、本来の姿に戻っていただかなきゃ。





午前中、ブログの記事を書いていたらふいに、今朝夢で見たあのコはどうしたろう?

と思って意識を向けてみたら・・・

まだ母を殴り続けていた。

母はもうぐったりとして、すでに息絶えていた。

わたしは「もう、気は済んだ?」と聞いてみた。

彼女はたぶん今のわたしとあまり変わらない印象の年かっこうで、長い髪を振り乱し、涙で顔をぐちゃぐちゃにしていた。

わたしは彼女を抱きしめて、「あなたの気持ちはよくわかる」と言った。

そして、あなたが憎んだ母親はもう死んだ。墓穴を掘って遺体を埋めてあげよう。と彼女に提案した。

二人で穴を掘って、母の遺体を埋め、十字架の墓標を立てると、墓前に手を合わせた。

そして、彼女に語りかけた。

あなたが殴り殺したあの母は、母の一面にしかすぎず。

別の一面での母は、物凄く優しい。

そういう母も、いるんだよ。

そのことは、あなたももうわかっているはずだよね。

わたしは母を愛している。

あなたもでしょ?

だから・・・

わたしはお母さんと、お父さんを助けるために、ヘビさんを光に帰し、氏神様の浄化をする。

二人のために出来ることがあるってことが、物凄く嬉しい。

わたしがヘビさんと氏神様を浄化することで、お母さんが少しでも癒されてくれたら・・・

本当に嬉しいし、癒されて欲しい。

だから・・・

あなたも力を貸して。

わたしと一緒に、お役目を果たすために。

わたしと統合してくれない?

そう言って、彼女をもう一度抱きしめた。

これで統合出来ただろうか?



ちなみに、この日引いたマハボテカードとトーテムアニマルカードはこちら。

Flow ― 流れ

このカードは、まわりの流れに身を委ねてみることが必要だと告げています。
起こることに抵抗せず、そのままを受け入れてみてください。
ここでは、流れを早めようと焦ったり変えようともがいたりしないことが大切です。
その結果、豊かで肯定的な流れが生じ、あなたは最良の選択をしたことを知るでしょう。

トーテムアニマル



毎度ありがとうございます<(_ _)>
     ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

天子さんの本名

さて、これまでずっと『天子』という仮名を使って記事を書き続けてきたわけなのですが・・・

レム天の過去生を思い出して(?)みて、このまま、『天子』さんの本当の(?)名前を伏せ続けることに、どうしようもない違和感を覚えるようになってしまいまして。

インナーセルフである天使の天子さんと、天子先生とレム天。
この三人の名前が同じであることには、現時点でわかっている以上の意味があるような・・・そんな気がするのです。

というわけで・・・

先日、mixiでのみ、友人限定で 天子さんの本名(?)を公表してしまいました。

で、ようやく決心がつき、このブログでも公表してしまうことにいたしました。



実は・・・

『天子』さんの本当の名前は、『アエル』です。

でもって、最初はね、同姓同名ということで、『なにみえ』との関連性は無視しようとしたのですが・・・

見えない存在とコミュニケーションを取れば取るほど、過去生の記憶を思い出せば思い出すほど、益々、無関係とは思えなくなっていきまして。

それどころか・・・

わたしの中にいた『アエル』があの『アエル』だと仮定すれば、腑に落ちる感覚がいくつもあって。

すでにもう、否定することが出来なくなっている自分がいるのです。

ちなみに、ルシオラという名前に関しては、じぇいどさんも「非常に びみょう な部分がある」と、ご自身のブログの中でお書きになっていました。

いわゆる『緑ちゃん』は100%ルシオラというわけではなく、あくまでも、そのエネルギーの大きな「一部」としてルシオラの魂を受け継いでおり、カイルやアエルをはじめ、他にも色んなエネルギーが混じっているのだとか。

で、1月15日、5回目のセッションで初めて、わたしはこの件について、たんたんさん にも質問してみたのですが・・・

「ジャンヌ・ダルクの魂のカケラを持っている人が大勢いるように、ルシオラやアエルの魂のカケラを持った人もまた大勢いたりするのでしょうか?」

というわたしからの問いに対し、たんたんさんは少し困ったような表情を浮かべ・・・

銀月物語に描かれているルシオラやアエルというのは7~8次元くらいの存在で、そこまで高次元の存在というのは、ジャンヌのような『人間』とはまったく感覚が異なっており。
『魂のカケラ』という概念では説明が出来ない。

と前置きをした上で、わたしが自分自身の中に、アエルだけでなくルシオラの存在さえ感じてしまう理由について説明して下さいました。

が・・・

あまりに高次元なお話過ぎて、オイラにはサッパリ理解出来ず(-_-;)

どうやら、わたしが巫女体質であるが故のことらしいのですが・・・

だとしたら、わたし以外にも、自分の中にアエルやルシオラの存在を感じている人は大勢いる(てか、ジャンヌの過去生を持つ人以上に大勢いる)ってことになるのではないだろうか?

という疑問が湧いてきて、何だかどうも、納得出来ませんでした。

だって、巫女体質の人なんて、『なにみえ』や『のんびりやさしく』の読者の中にも山ほどいるでしょ?
わたしと同じような感覚を抱いてる人、他にいないのだろうか???

わたしは『なにみえ』や『のんびりやさしく』関連のコミュ等に全く参加したことが無いので、もしかしたら、わたしの他にも、わたしと同じような感覚を持っている人がいるのかもしれないけれど・・・

もし、「そういう人いたよ」ってご存知の方は、情報をいただけませんでしょうか?





ちなみに、たんたんさん自身は、銀月物語を読んでも、この物語の中に描かれているルシオラやアエルが自分の過去生であるという実感は全く無いのだとか。

ツインであっても、その辺の感覚はじぇいどさんとは違うんだな~(゜.゜)とわかって、益々、転生のシステムが理解できなくなってしまいました((+_+))

とか言って、最初から理解なんて出来てはいなかったのだけれど(^_^;)

いずれにせよ、いつかまたあの世に戻れば理解出来ることなのだろうから、ま、いっか(^。^)y-.。o○



と、つい最近まで、するっとスルーしていた。てか、しようとしていたのです。

けれど・・・

実は、この件に関しては、以前からブログに書くようにと、見えない方々から言われておりまして(-_-;)

にもかかわらず、『なにみえ』や『銀月物語』ファンの方々からどう思われるのか? 
その反応が恐ろしくて、無視し続けていたのです(;一_一)

ちなみに、わたしは昨年の10月24日、見えない方(たしか、サナンダさんだったような気が・・・するが、記憶はすでに曖昧)とこんなやり取りを交わしていました。





あなたが感じていることは正しい。
あなたが受け取っているメッセージは真実だ。
自信をお持ち。


ねこ「でも、あんなこと(アエルのこと)ブログには書けない。嘘つきだと思われる」

思われないよ。
あなたは、受け入れられる。

たんたんさんに、助けを求めなさい。
だが、それはもっと思い出した後だ。

あなたはもうじき、もっと思い出すことになる。
不安は確信に変わる。
大丈夫。
あなたは守られている。
そんなことは、もうとっくにわかっているはずだ。

あなたは、神の仕事がしたいと望んだ。
望みは、叶えられる。
全てはすでに決まっていた。
あなたはただ、行えばいい。
道はすでに、敷かれている。




というわけで・・・

しばらくは、mixiでのみ、コッソリ綴ってみようかと思っておったわけなのですが。

ここ数日、『アエル』に関するあれこれを書くために過去の日記を読み返している中で、色々と心境の変化がありまして。

こうして、ここでも公表してしまうことにいたしました!

ので・・・

このシリーズ、続きます☆



コメント欄、荒れませんように



書いてしまってもいいですか?

いいとも~♪という方は、ポチッとよろしくお願いします<(_ _)>
     ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

ああ、もううんざりだ!!!

心底自分にうんざりだ!

1つ前の記事をUPしてからずっと、胃の辺りが重い。

胸の真ん中も、ちょっとだけど痛い。

物凄く、気分も落ちていた。

ウジウジと、ネガティブな予想ばかりして、傷つかないための予防線を張っていた。



アエルのことを告白したところで、どうせ、何のリアクションも返ってはこない。

それどころか、マナさんのブログで紹介して貰ってやっと1日30前後まで増えたアクセス数も、また一ケタに戻るかもしれないと。

悲観的な予想をすることで、自分を守ろうとしていた。



わたしには、強烈に、他人から拒絶されることに対する恐怖心がある。

自分は決して受け入れては貰えないという、強い思い込みがある。



だけど・・・

もう本当にうんざりだ。

サナンダさんの言う通り、他人からの承認を求めている限り、外側に救いを求めている限り、救われることは無い。



わたしはもう、あるがままの自分を表現することを恐れない!

恐れずに、自分が感じているままを、自分にとっての真実を表現する!!!



だから・・・

この後、ここ数日、mixiにのみ綴っていたアエル関連の日記を全て、このブログに転載します。

で、友人限定で公開していたmixiの日記も全て、制限を外して公開しちゃいます。

もういいのだ。

どうなっても。

もう完全に、自分で自分にキレちゃったのだ<(`^´)>



じゃ、そういうことで。

変容?

(mixiからの転載)

アエルのことを書くと決めた途端、こんなカードが。


このカード、(たぶん)はじめて出たよ(・。・;



というわけで・・・

これまで伏せ続けてきた『アエル』関連のあれこれを書いてみようと思います。



まず、最初に え?(゜.゜)って不思議に思ったのは、初めてサナンダさんとつながったこの時のことでした。
サナンダさんとつながる直前、「ルース、ルース、ルース」と、3回呼びかけられたのです。

で。

あれ? ルースって聞いたことがあるような気がするけど・・・
誰だっけ?

と思っているところに、確かいきなりサナンダさんから話しかけられたんだったような・・・(-_-;)

ま、すでに記憶が曖昧になっているので、詳細は忘れましたが(^_^;)

サナンダさんと話しているうちに・・・

ああそうだ。ルースって確か、『なにみえ』に登場したキャラクターだったよな(゜.゜)

と思い出しまして。

けど・・・

なのになぜ、わたしにルースと呼びかけた???
てか、聞き間違い?
いや、それにしてはやけにハッキリ聞こえたけど←(耳で聞いたわけじゃありませんが)

と、完全にポカ~ン(゜.゜)という状態に。

で、元来の大雑把な性格から、わからないことは「ま、いっか(^。^)y-.。o○」と、一旦はするっとスルーしておったのですが・・・

自宅に戻って改めて、『なにみえ』で『ルース』という名を検索してみたら・・・
もう茫然(@_@;)

頭の中は大混乱に\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

ええ。検索してみるまで、『ルース』が『ルシオラ』の愛称だってことすら忘れ果てておったのです(^_^;)

で、インナーセルフのアエルとつながって以来『なにみえ』とさつきのひかりさんのブログ『のんびりやさしく』で、『アエル』関連の記事を検索して読み始めていたわたしは、更に『ルシオラ』関連の記事も検索して読みまくることに。

ちなみに・・・

失礼ながら ねこきち は、以前もFC2ブログに書いたことがある通り、『なにみえ』に関しては『宇宙船』や『なにみえ遠足』の記事が増え始めて以降関心が急激に薄れ、一応更新はチェックしていたものの、流し読み程度しかしなくなってしまい・・・

『のんびりやさしく』に関しても、無料遠隔ヒーリングでは散々御世話になっておきながら、小説の方は、銀月物語の最初の方しか読んではおりませんでした。ごめんなさい<(_ _)>

いや別に、小説の良し悪しとは関係なくですね。
たぶん、わたしには次元が高過ぎる世界が舞台だったので、物語の中に入り込めなかったというか・・・
いや、違うな。
なんというか、あれはあの物語にかかわりがある人達のためにある物語であって、わたしには関係がないというか・・・
あの物語を読んでいると、何となく、ルシオラに対する嫉妬心と、疎外感のようなものを覚えてしまうんですね。
だから、読むのを止めてしまったのだと思います。

ま、今となっては、この『嫉妬心』と『疎外感』に、深い意味があったのだなと理解出来るような気がするのですが・・・



というわけで、『なにみえ』と『銀月物語』を『アエル』と『ルシオラ』関連の記事中心に読み直したり、新たに読んだりしてみたところ・・・



その記事を最初に読んだ時に感じていた『ひっかかり』や『共感』の意味が、一気にわかってしまったというか、説明がつく気がして・・・

わたしは益々混乱し、強烈な好奇心と恐怖心を同時に抱くことになったのでした。



つづき は・・・

さつきのひかりさんからリンクのお許しがいただけたら書きたいと思います。



たまには押してみやがれってんだ! ←黒アエル参上
     ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。