FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年のご挨拶

今日は旧暦の新年。で、新月ですね。

というわけで、たった今、トーテムアニマルから新年1発目のメッセージをいただいてみました。

ら、出たのはこちら

はじめて見たカートです。

へ~。こんなんあったんだ~。

で、いつもながらタイムリーなメッセージにビックリ(@_@;)

・・・なんてもはやせず、納得(-"-)

一条の光だけを頼りに進んできた真っ暗やみのトンネルから、抜け出せる日は近いのか???

なんとなく、近いような気がしている今日この頃でございます。



ポチッと応援のほど、よろしくお願いいたします<(_ _)>
     ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

オーラソーマのせい?

今日選んだオーラソーマ

一昨日あたりから、どうも気分が重い。
が故に、記事の更新も手抜き気味。
スンマソン<(_ _)>

最初は新月の影響か?
と思っていたのだが・・・
もしかしたら、オーラソーマのせい?

たしか、一昨年かその前の年くらいに購入し、数日間添付したものの、面倒になってしまい・・・
放置していたものをなんとなく思い立って、一昨日から使い始めた。

で、ここ二日、夢見も悪い。
内容はよく覚えてはいないのだが、後味の悪い夢だった。
リアルではやったこともないような大失敗をやらかして、怒られている夢。
感じていた感情は、屈辱感と罪悪感。

てことはやっぱ、これは浄化なのだろうか???

ちなみに、わたしが唯一購入し、現在使用しているオーラソーマのボトルはこちら



ポチッと応援のほど、よろしくお願いいたします<(_ _)>
     ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

通過儀礼 その42

12月14日の朝。
わたしは母から、予想していなかった報告を受けました。
いつもはお正月が明けて1~2週間後の週末に帰省していた弟一家が、今年は大晦日に帰省して、お正月の三が日を実家で過ごすことになったというのです。

「大丈夫?」

と、不安そうに訊ねた母に・・・

わたしは明るく答えました。

「大丈夫だよ。いつ帰って来ようが、わたしがすることは変わらないもの」

そう。
わたしはいつも通り、弟一家が使用するお布団を干して、2階のお部屋を大掃除&除菌。
と言っても今回は、年末の大掃除と重なるので、かえって手間が省けます。
で、愛猫と共に1階の一番奥のお部屋へ引っ越して、弟一家が帰省中は、愛猫がお部屋から逃げ出さないように監視する。以上。

ちなみに、1階の部屋の出入り口は全て襖&障子。
我が愛猫は、いとも簡単に開けてしまいます(-_-;)

ので、食事時、わたしが居間に行っている間は、愛猫はゲージの中に入れておくしか無く・・・

けど、夜寝る時にゲージに入れてしまうと、わたしのお布団に入りたがってニャーニャーと激しく鳴くので、入れておくことは出来ず・・・

かといって、出しておけば勝手に障子を開けて2階へ行ってしまうので(T_T)

弟一家が滞在中、ねこきちはいつも明け方近くまで起きたまま、愛猫を見張っていなければならないのです。

というわけで・・・
弟一家の帰省は、ねこきちにとってはけっこうな負担なのですが。

それはまあ、自業自得。
嫌ならばオマエ(=ねこきち)が出ていけって話なので(^_^;)

3泊4日の辛抱さ(-。-)y-゜゜゜
と割り切って、受け入れているつもりでした。

なのに・・・

この後、どういう話の流れでだったか?
これまでずっとお嫁さんの悪口ばかり言っていた父がね、珍しく、お嫁さんに好意的な発言をいたしまして。
それを聞いた ねこきち はつい、いつもなら絶対に口にしないようなことを口走ってしまったのでございます(;一_一)

「N子(=お嫁さん)さんはイイな~。大晦日にこっちに来ちゃえば、今年はお正月の準備しなくてもいいし。上げ膳据え膳でな~んにもしなくていいもんね。わたしも@(=弟)のお嫁さんになりたかったよ。楽チンだもんな~」

みたいなね(^_^;)
で、言った途端、間髪入れずに父がキツめにキッパリ。

「だったらオマエもそういう相手を見つければ良いだろう。オマエと@、両方に気を使わなきゃならないから、お母さんがかわいそうだ」

って、コレ言われた途端、ねこきち の目に涙・・・がこぼれそうになったので、慌てて、且つさり気なく席を立ち、二階へ。
で、号泣いたしました(T_T)

が、泣けば泣くほど悔しさがこみ上げて来て・・・

堪え切れなくなった ねこきち は、涙も拭わずに再び一階の居間へ。
泣きながら、父に言いました。

「お父さんにはわからないんだよ! わたしがこの家で、子供の頃からどれだけつらい思いをしてきたか!(どれだけ重い怨念を背負ってきたか!)

()内はあくまでも心の声です(^_^;)さすがにコレは言えません(-"-)


で、言われた父はビックリ。

「どうしたんだ?! いったい何を泣くようなことがあったんだ!」

いつもの如く、自分の発言がわたしを傷つけたという自覚は一切無く(-_-;)

泣いているオマエの方がおかしい!

わたしには、そう言われているように感じられて、益々腹が立ちました。

一方母は・・・

皿割事件の時同様、忌々しそうな目で、わたしのことを見ていました。

このコはまた、面倒なことを言い出した。

そう言われているような気がして、益々悲しくなりました。

「わからないよ! お父さんにはわからない!!(本当はお母さんもだけど)」

わたしはやっとそれだけ言うと、もう一度二階へと戻り、また号泣(T_T)

よくもまあこれだけ泣けるものだと自分でも呆れるほど、声を上げて泣きました。

が、両親が心配して様子を見に来るようなことは一切無し。

我が家では、子供の頃からそうでした。

泣くのも、傷つくのも全て、わたしがおかしいから。
自分達は何もしていないのに、わたしが勝手に傷ついて、泣いている。手に負えない。
というわけです。
これについてはまあ、実際のとこそうなのかもしれないと思いつつ・・・
それでもやっぱり悲しいわけで・・・

自分で自分が手に負えなくなったわたしは、例の如くインナーチャイルドのミーちゃんに頼んで、泣いているコのいるところへと連れて行って貰ったのでした。



というわけで・・・

ここから先のお話は、人格統合の記事として書いてみたいと思います。

お楽しみに~(^.^)/~~~



いつもありがとうございます<(_ _)>
     ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

人格統合への取り組み 37

さて、インナーチャイルドのミーちゃんですが・・・

実は、あのイザベラとコンタクトを取って成仏?して貰った直後から、なぜか? ぐったりして動かなくなってしまっておりました。

が、4回目のセッションを受けた翌日。

そう言えばミーちゃんどうしたかな~(゜.゜)と思って意識を向けてみたら・・・

アレ?

アレレ??

アレレレレ???!!!

ミ、ミーちゃんが・・・















金色に、光り輝いている(@_@;)

一応は子供の姿なんですがね。

なんだかちょっと、神々しい感じになっちゃって。

これはいったいどういうこと???
変身しちゃったってこと???

と、思ったら・・・

ん?

足元に、以前のミーちゃん・・・

の、抜け殻が転がっておりました(@_@;)

で、小さかったあの小白(白龍)も・・・

で、でっかくなっちゃった(*^。^*)
     ↑
(マギーしんじ さん風で)

というわけで・・・

バージョンUPしたらしいミーちゃんと共に、でっかくなった小白に二人乗りをいたしまして。
自分自身の背骨に沿って螺旋を描きながら降下して行った先は、確か、第2チャクラだったかと思います。

で、そこでは・・・

真っ黒い、鬼のように見える女性?っぽい人が、手に持った刃物でお父さんをメッタ刺しにしておりました(-_-)

これ、記事にしたかしなかったか? すでに憶えてないんですが・・・

で、確認する気力も無いんですが・・・

確かわたし、以前すでに、母のことをボッコボコに殴り殺しちゃってたんですよね(^_^;)

たぶん、夢の中でだったんじゃないかと思うんですが。

なので、この時も、その黒い人(分裂人格)がしたいようにさせておきました(-。-)y-゜゜゜

で、父が完全に息絶えたことを確かめてから・・・

「一緒に墓穴を掘ろうよ」

と、黒い人を誘って穴を掘り始めたのですが・・・

わたしとミーちゃんが穴を掘っているのを、彼女?は黙って見てただけ。

で、わたしたちが穴を掘り終えたところで・・・

彼女はその穴の中に、父の死体を足で蹴り落としたのでした(^_^;)

というわけで、わたしはまた、ミーちゃんと二人で墓穴を土で埋めまして・・・

なぜか? その場所に、銀杏の種を一粒蒔きました(意味不明)。

そして、その後は、黒い彼女を分裂人格たちが集うお家へと連れて行ったのですが・・・

これまたなぜか? 

ナギ子さんと一葉さんが、彼女のことをお風呂に入れてくれまして。
シャンプーもして、キレイに身体を洗ってみたら・・・

まあ、なんということでしょう←(ビフォーアフター風で)

髪の毛は、細くてやわらかなタンポポの綿毛みたいにフカフカで、頭のてっぺんには角が1本。
そのコは全身真っ白な、子鬼でした。
年の頃は7~8歳くらいか?
女の子かと思ったら、「どちらでもない」と本人に言われました。

で、わたしに何か言いたいことはないかと聞いてみたら・・・

自分は鬼だから、誰にも愛しては貰えない。
お父さんもお母さんも、弟もお嫁さんも、姪っ子も大嫌いだと言いました。
この世の全てが嫌いだと。
そして・・・
誰よりも、自分が一番嫌いだと、子鬼は心底苦しそうに言って・・・

わたしは思い切り、自分の顔を打ちました。

ええ。リアルにです。
何回も。何回も。

あんなところをもし親に見られていたら、即病院送りになっていたことでしょう(-"-)

よく見ると、子鬼は仮面をつけていました。
ので、外してみたら・・・

子鬼の素顔は、左半分が焼けただれたように、黒くなっていました。



自分はどうしても、周りを傷つけてしまう。
傷つけずにはいられない。
だから・・・
自分さえいなければ・・・
消えてしまいたい。



子鬼はそう言って泣きました。
当然の如く、リアルなわたしも泣きました。



この日はちょうど、さつきのひかりさんの遠隔ヒーリングがある日でした。
で、ヒーリングの時間になった途端、わたしはまた、泣き出してしまいました。
泣いていたのは、勿論子鬼です。

わたしは子鬼に、『小雪』という名前を付けました。
理由は簡単。
雪のように白くて、小さいから。
ちなみに、ミーちゃんの白龍に『小白』と命名したのも、同じ理由。
何の捻りもございません(-_-)zzz

で、とりあえず、名前はつけてみたものの・・・

いったいどうしたものかしら?(-_-;)

と途方にくれておりましたら・・・

ラファエルさんが来てくれまして。
けど、さすがのラファエルさんも、小雪を前にして困惑顔。
う~ん、ラファエルさんでも手に負えないのか・・・

と更に途方に暮れたところへ、今度は弘法大師様が登場。
わたしに、あることをお命じになったのでした。



つづきます。



毎度ありがとうございます<(_ _)>
     ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

奇跡

(本日2つ目の記事です)



あの、頑なに物を捨てたがらない、てか、捨てられない母が、今日、唐突に・・・

「台所に(無理やり物入れとして)置いている(嫁入り道具の)サイドボードが壊れたので、新しい物入れに買い替えたい」

と言いだした。

奇跡である(@_@;)

大袈裟ではない。
本当に、奇跡なのだ。
うちの母に限っては。

というわけで、わたしは母の気が変わらないうちにと、速攻で、たった今、台所用の新しい収納をネットで注文した。

あ~楽しみだ~♪♪♪

現状ぐっちゃぐちゃの我が家の台所が、どんだけスッキリ片付くのか。
(ちなみに、母はキレイに片づいていると本気で信じているらしい。摩訶不思議)
もう想像してみただけで、感涙である(/_;)

これも毎朝の浄霊?のお陰だろうか。
あるいは、とりあえず唱え続けているホ・オポノポノのお陰だろうか?

なんでもいい。
とにかくありがたい!
ありがとう!
ありがとう!
なんだかわからないけどありがとう!!!



毎度ありがとうございます<(_ _)>
     ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。