FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーフワーク 恋愛⑤

気になり始めた男性は、わたしと同じシナリオスクールに通っていたNさん。
Nさんはそれまで、やはり同じスクールに通っていた別の女性と付き合っていたのですが・・・
その彼女と別れたと聞いて、わたしは急に、Nさんのことが気になり始めてしまったのです。
が・・・
Nさんに告白するなら、Xさんとは別れなければなりません。
別れる前に告白なんて、わたしの中ではありえないことでした。

で、その頃・・・
わたしはすでに、Xさんとの関係に疲れ果てていました。
不倫という関係を続けていくためには、多くの我慢が必要になります。
で、我慢するのは男性ではなく、女性ばかりです。
ま、自業自得だから仕方のないことなのですが・・・

交際中、わたしはXさんから・・・

「おまえって、甘えないよな」

「おまえが感情的になったところって、一回も見たことがない」

と言われたことがありましたが・・・

もしも、わたしが甘えたり、感情的になったりしたら、Xさんは間違いなく、その時点で別れを切り出していたことでしょう。
我ながら、わたし以上に安全で都合のイイ女はいなかったろうと思うくらい、わたしは我慢ばかりしておりました。

が・・・交際4年目と言えば、普通のカップルでも倦怠期。
わたしの我慢はもうとっくに、限界を超えておりました。

で、その日、わたしはほんの少しだけ、わがままを言ってみたのです。「会いたい」と。
でも・・・Xさんは当時、仕事のことやもろもろで、精神的に余裕が無くなっていたようで・・・

「やっぱりもう、友達に戻ろうか」

と言いました。
その言葉を聞いた途端・・・

やっぱりこの人にとって、わたしはただの、都合のイイ女にすぎなかったんだ。

と確信したわたしは、「わかった」と電話を切って・・・

なんだか少し、ホッとしていました。
これでやっと、別れられたと・・・

その後、Xさんからは「やっぱりやり直そう」と言われましたが、断りました。

もう不倫なんて、コリゴリでした。

で、気持ちを切り替えて・・・



半年後。わたしは飲めないお酒を飲んで、Nさんに家まで送って貰いました。そして・・・

まあ、そういうことになりました。

はじめて交際した相手が既婚者だったわたしは、はじめてのキスとベッドインが同時。
普通の交際というものを、どう始めていいものかわからなかったのです。

で、Nさんと付き合い始めてはみたものの・・・

わたしには、まったく自信がありませんでした。

だって・・・

Nさんに対して、好きだという気持ちを伝える前に、そういうことになってしまった上・・・

そういうことになって間もなく、Nさんが、元カノに想いを残していることを知ったからです。

でも、元カノはすでに別の男性と結婚していました。

つまり、Nさんは二股をかけられていたわけですが・・・それでも、忘れられないようでした。

彼女は本当は、結婚した相手よりも自分の方を愛していたのに、自分が結婚を考えなかったから、彼女は仕方なくその男性と結婚したと思っていたようです。

で、そんな元カノへの想いを断ち切るために、わたしと付き合ったんですな。

と言うより・・・Nさんは明らかに恋愛依存症だったので、カノジョがいない状況には耐えられなかったのでしょう。

ということがわかっていながら、わたしはこのNさんにも、自分から別れを切り出すことが出来ませんでした。
で、Nさんの方から別れを切り出してくれるのを待っていました。
自分から別れを切り出したら、後悔することになるんじゃないかと不安だったからです。

これってもう完全に、依存ですよね。
今なら自分でもわかります。

自分のような女と付き合ってくれるのは、この人くらいしかいないんじゃないか・・・

そういう自己評価の低さと不安が、恋愛依存症の男性との間に共依存の関係を築かせてしまったのでしょう。

Nさんとは1年ちょっと付き合いましたが・・・

その間、デートに出かけたのは1回だけ。しかも・・・泣きたいくらい最悪なデートで・・・
帰宅後、実際に大泣きしました。
ホント、Nさんとは最初から最後まで噛み合わない感じで・・・
一緒にいるといつもイライラして。
にもかかわらず、会わずにいる間は、会いたいと思ってしまうという・・・
いかにも病的な感情を体験しました。

で、最終的には・・・
わたしは共通の知り合いだった女性と二股をかけられたあげく、フラれてしまったんですな。

別れ話は5分で終わりました。

で、最初に思ったことは・・・「やっと終わった」。
正直、わたしはNさんとの関係が終わったことに、ホッとしていました。

にもかかわらず・・・

わたしはその後数年間、Nさんへの未練と恨みを消すことが出来ませんでした。

それは、わたしがNさんを愛していたからでは決してなく・・・

Nさんとの関係が、共依存だったからです。



ちなみに、Nさん同様Xさんも、恋愛依存症だったと思います。

二人とも、恋人を切らした期間がほとんどないという人達でした。

ちなみにパート2、Xさんはわたしと付き合う以前にも浮気していましたし、わたしと別れた後にも、別の女性2人と、浮気をしています。
なんでわたしがそんなことを知っているのかと言うと・・・
そのたびに、電話で報告をされていたからです(-_-;)
で、わたしはそのたびに呆れ、もういいかげんにしたらどうかと説教をしておりました。
ほとんどオカンです(-"-)

ちなみにパート3、新しい愛人が出来たと報告するたびに、Xさんはわたしに、「やきもちとかやかないの?」と聞きました。が・・・

まったく、な~~~んとも思いませんでした。

ただ・・・

わたしがあれほどまで我慢して守り通した家庭を、どうか他の女性のために壊すようなマネはしないでくれ(-"-)

とは思いましたけど。

Xさんは、言っていました。

奥さんと自分、子どもたちと自分、という組み合わせなら大丈夫なんだけど・・・
奥さんと子どもと自分という、家族そろった状態には、なぜだか耐えられないのだと。

これってちょっと、異常ですよね。

Xさんもきっと、ACだったんでしょう。
で、Nさんにいたっては完全にACで、マザコンでもありました。



というわけで、わたしはこれまで1度も、まともな恋愛をしたことがありません。
ですから、自分の恋愛について、これまで誰にも語ることが出来ませんでした。
しかも・・・
はじめての恋愛が不倫だなんて・・・

わたしはXさんと付き合っていた時も、別れてからも、これまでず~~~っと、自分を犯罪者のように感じていました。
実際、江戸時代なら姦通罪で死刑です。
Nさんに二股をかけられた挙句フラれた時は、真っ先に、「罰があたったんだ」と思いました。
スポンサーサイト

グリーフワーク 恋愛⑥

この記事を書いて読み返している時、この部分に目が留まりました。

世の中の多くの人たちがあたりまえに出来ることが、自分には出来ない。

そのことが、どれほどみじめで辛いことか・・・
どれほどその人の自尊心を傷つけるか・・・




わたしもまた、他の多くの女性たちが当たり前に出来ていることが、出来ませんでした。

多くの女性たちが当たり前のように恋愛をして、結婚をして、子どもを産んでいるのに、わたしには普通の恋愛さえ、まともにすることが出来なかったのです。

わたしは41年も生きてきて、たった二人の男性としかお付き合いをしたことがない上、その二人さえ、愛してはいなかったし、愛されてもいませんでした。
それは本当に屈辱的で、みじめな体験でした。

そして、その屈辱的でみじめな体験を経たわたしは・・・

もういいや。わたしには恋愛はムリ。諦めよう。

そう思って、恋愛を放棄して10年が経ちました。

40歳になった時には、ホッとしました。

これでもう、親もわたしの結婚&出産を諦めてくれるだろうと。

まあ今は、過去記事にも書いた通り、「子どもを産まなくてもイイから結婚して欲しい」と言ってくれるような方がいれば、受け入れてみようと思ってはおりますが・・・



ちなみに、わたしはこんな過去生のカケラを思い出した後、続けてこんな過去生のカケラも思い出しています。

で、思い出した途端、今生で体験した二つの辛い恋愛とつながったような・・・腑に落ちたような・・・そんな気がしました。
自分がXさんに『父親』としての愛情を求めていたことは、交際中から自覚していましたしね。



恋愛を放棄して10年。
わたしは今やっと、過去の自分の過ちを、赦してやろうという気になっています。
なぜなら・・・Xさんとの間にも、家族との間にあったような、いびつな縁を感じたからです。
こんなことを書くと、不快に思われる方もおられるかと思いますが・・・

あの頃、わたしはXさんと付き合ったことで救われ、同じように、Xさんもまた、わたしと付き合ったことで救われたのではないかと・・・

最近になって、そう思うようになりました。

自分自身のことではないので、Xさんのことについては詳細を省きましたが・・・
Xさんは当時、様々な問題やストレスを抱えており、日常の中で溜め込んでしまったゴミを、わたしとS@Xすることで、捨てていました。
Xさんにとってわたしは、唯一ストレスが発散できる場所であり、甘えられる場所だったのだと思います。

男性というのはどうも、責任を負っている対象=奥さんには、甘えにくいようなんですね。
で、何の責任も負わずに済む都合のイイ女に、甘えたがるという・・・
非常に矛盾した習性があるようなのです。

で、Xさんは、わたしのようなゴミ箱女の中にゴミを捨てることで、自分のお家の中はクリーンな状態に保とうとしていたのではないかと、そう思うのです。
まあ、本人はそう自覚出来てはいなかったと思いますが・・・

Xさんと奥さんもまた、完全に共依存関係なので、結婚して以来ず~~~っと、なんだかんだモメ続けているようです。
で、去年まで、年に1~2度Xさんから電話があって、「今度こそダメかも」と愚痴られていたのですが・・・(-_-;)

あなたと奥さんは出会うべくして出会い、結婚したのだから、何かしら超えるべき課題があるはず。今ちゃんと向きあわないで(離婚という形で)逃げてしまうと、きっとまた、来世でも同じ課題を与えられることになるよ(-"-)

と、インチキ占い師っぽい口調で脅したら、マジでビビッって向き合う気になったらしく・・・

その後も数回メールで相談を受けました。
が、また図に乗って甘えられそうになったので・・・

わたしはアナタのお母さんではありません。
自分のことは、自分でなんとかしましょう。

と返信したら、「わかりました!」と返信が返ってきて・・・

それ以来、メールも電話もなくなりました。
正直、ホッとしています。



ふ~(-_-;)

これで、告白は終わりです。

わたしはわたしの過去の過ちを赦してやることにしましたが、数少ない読者の皆様の中には、許せない! とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。
ので・・・
皆様のブログへの訪問は、とりあえず、自粛させていただきます。

もし、来てくれてかまわないわよ~と思ってくださる方は、その旨コメントいただけないでしょうか?
無ければおじゃましませんし、そのことで不快に思ったり、恨みに思うようなこともありませんので、ご安心を(^_^)

読んでくださって、ありがとうございました<(_ _)>

尚、更新はしばらく、お休みさせていただきます(^.^)/~~~

再開のごあいさつ

お久しぶりでございます<(_ _)>

・・・と言っても、たった1週間しか休んではいないんですが(^_^;)

本当はね、もう少しお休みしてるつもりだったんですよ。
けど・・・
昨夜ね(と言ってもほんの数時間前ですが)、眠すぎて9時に寝ちゃって、ついさっき、零時前に目が覚めた時にね、なぜだか寝ぼけた頭の中に、このブログの新しい紹介文が浮かんでてね。
あ~、もうお休みは終わりなんだな~と。

そんなわけで、とりあえずご挨拶まで。
数少ない読者の皆様、これからもどうぞご贔屓に(^.^)/~~~

グリーフワークを終えて

例の告白を終えるまで、なにみえカードでは毎日のように、「怖れを手放せ」というメッセージが出ていた。
で、告白を終えた途端・・・

「あるがままでOK!」
「だいじょうぶ!あなたは正しい道を進んでいます!万事そのままでOK! 」

というカードばかり出るようになった(^_^;)
が・・・
気分の方はボ~~~っとしたまま。
新しい創作活動への意欲は湧いてこなかった。
こんなんで本当に大丈夫なの???
と不安になり・・・

なにみえカードを使って、ミカエルさんに聞いてみた。

Q:わたしもうそろそろ、実家に避難した方がいいのかなあ?

A:「愛を伝えよう」

なんじゃそりゃ? まあ、実家の両親には愛を伝えようってことなんだろうけど・・・
質問の答えとしてはズレている。わけわからん(~o~)
と思い、質問を変えてみた。

Q:わたしはまだ、東京で頑張った方がいい?

A:「YES」

あまりにストレートな解答に、正直ホッとした。
で、更に聞いてみた。

Q:けどもうホント、金銭的にはヤバイんだけど。これからも東京で頑張るとしても、11月中に派遣の仕事を探した方がイイんじゃないのかなあ? どう思う?

A:「はぐくむ」 こどもや動物、植物の世話に集中してみよう。

ん? これは何? 自分自身をはぐくむことに集中しろってこと? 
と思ったが、一応もう一度同じことを聞いてみた。ら・・・

またしても同じカードが?!

これはもう、そういうことなんだろう。と納得し、とりあえず、自分の中の子ども=インナーチャイルドを育んでみることに。

したのだが・・・
いっこうに創作意欲が復活してくる気配は無く・・・
相変わらずドラマは観ることすら億劫・・・と言うより、観ることが出来ず・・・
テレビの視聴時間は以前より更に減ってしまった。

で、本当にこんなこと続けてていいのかなあ??? と不安になってきた頃・・・

マハボテさんからもこんなメッセージが。

Nurturing ― 養育

このカードは、あなたが心のケアにもっと時間と情熱を注ぐように警告しています。
今すぐ自分の心が求めている場所と休息を提供して、心に栄養をあげてください。
これからは心身のバランスを取りながら生きられるように、心の養育を心がけましょう。
あなたのアイディアとインスピレーションを大いに実生活で活かすときです。


そんなわけで、新しい収入のあてがまったく無いにもかかわらず、グリーフワークを終えてからは毎日のように公園に行き、左手で絵ばかり描いていた。

この状況で、あえて頑張らない選択をしたアタシって、勇気あるよな~(^。^)y-.。o○

と、我ながら感心。
ま、その結果どうなるのかはわからないけど(^_^;)
結果はもう、ど~んと手放して、神様にゆだねてしまうことにした。

わたしにとって、人生は大いなる実験の場だからね。
これからは、やり方を変えてみることにしたんだ。

利口ぶって先のことを予測して、怖れから行動を起こすようなことはもうしない。
わたしはバカになる。
バカになって、自分の心が本当に望むことだけをしてみる。


で、その結果、どんなことが起こるのか、確かめてみたいんだ。

はてさて、どんな結果になりますやら。
乞うご期待!

ちなみに、現時点での経済状況では、ギリギリ年越しはムリなんですが・・・(^_^;)

奇跡よ起これ!
新しいお仕事よ舞い込んで来い!!

右脳くんと遊ぼ♪2

091110_2127~0001

091110_2122~0001

091110_2122~0002

091110_2124~0001

091110_2125~0001

最後の人、誰?
頭デカ(@_@;)

何をしていいのかわからず・・・
焦りから逃避するためか?
今日はほぼ1日中寝てしまった(-_-;)
大丈夫なのか? アタシ・・・
ミカエルさんからは、「自分を信じろ」とメッセージが。
でも・・・それってめっちゃ難しいよね(T_T)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。