FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロに戻った後……

変化していく思いや感情を旅日記のように書き留めておくと、後々大きな助けになるでしょう。

という『マハボテ』さんのアドバイスに従って、例の企画を下ろされた後の展開と心情を記録しておこうと思う。

例の企画を下ろされた翌日(4月22日)、Kさんからお電話をいただき、「過去の習作をもう一度コンクールに出してみてはどうか」というメッセージを受け取ったわたしは、翌日早速『公募ガイド』を購入。文学系の公募をチェックしてみた。で、気になったのが……童話や児童文学の賞。
実は、わたしは元々児童文学やヤングアダルト(13歳~大人を対象とした)小説が大好きで、習作時代に書いていたシナリオ作品も、ほとんどは10代が主人公の話だった。しかも、わたしには当時から書きたいテーマがあり、タイトルまで決まっているのだが……詳細な内容は未定。なんとなくイメージはあるのに、どうしても書き出せずにいる。
という経緯もあって、わたしは改めて、「子供に向けた作品を創りたい!」という自分の思いを再確認した。
そこで、短い童話辺りから書いてみるか……と構想を練り始めて数日後(4月28日=はじめてマハボテをやってみた日)、商店街をぷらぷらと歩いていたら、ふと、『天使に願い事をするように』というオラクルカード(毎朝ネットでひいているタロット的占いカード)のメッセージを思い出し、お願いしてみる気になった。で、歩きながら小声で、「子供に関わる仕事をさせて下さい」と3回ほど呟いてみた。で、お気に入りのパンを買って帰宅すると……電話が鳴った。出てみると、またしてもKさんからだった。
「ねこきちさあ、コンペに参加してみる気ある?」
そのコンペの内容ってのが正に、ほんの小一時間前に商店街で呟いた『お願い』にぴったりな内容でね、もうビックリ
願いが叶うの早過ぎじゃね???

とは言っても『コンペ』なので、選ばれなければお仕事として成立はしないのだが……
それでもね、チャンスを与えて貰えただけで、わたしにとっては大ラッキー
このチャンス、生かすも殺すもわたし次第だし、結果より、新しいことに挑戦すること自体に意味があると思うしね。
久しぶりの『新しい経験』を、思う存分楽しもうと思っています

というのが、今のわたしの状況&心情です。

古いモノ手放した途端、新しい波に乗れちゃったみたい

てなわけで……
皆さんも、天使に何か『願い事』をしてみてはいかがでしょう?
頼むだけならタダですし、もし叶ったら……と想像してみるだけでも、ワクワク出来ると思いますよ

信じる者は、救われます
たぶんね



追記:この記事を書いた後、引いてみたオラクルカードの抜粋です。
                    ↓
あなたは、自分自身の智恵や能力を信頼できますか? 
あなたの天与の才能、能力を信じることができるでしょうか?  
自分を信頼することこそが、大宇宙の心に近づく「暗証番号」なのです。
恐れること、自己を疑うこと、この2つを癒し自分を解放して下さい。
あなたの素直な感情を信頼し、宇宙の情報が入ってくる水路の窓口としてのあなた自身を開きましょう。
臆病になると成功はやってきません。自分の夢を実現するのだと、自分自身にしっかりと誓うことが成功を招くのです。
成功するというはっきりとした意図を持てば、成功はやってきます。
リスクを負うことの楽しさを味わい、勇気を持ち、そして大胆になりましょう。

つまりこれって……

とは言っても『コンペ』なので、選ばれなければお仕事として成立はしないのだが……
それでもね、チャンスを与えて貰えただけで、わたしにとっては大ラッキー
このチャンス、生かすも殺すもわたし次第だし、結果より、新しいことに挑戦すること自体に意味があると思うしね。

と、ついコンペに通らなかった時のための言い訳をしてしまった弱気なわたしへのメッセージなわけね……と思わず苦笑(^_^;)
見えない誰かさんは、どうやら何でもお見通しみたいです

よっしゃ! 絶対にコンペで選ばれてみせるぞ!!!<(`^´)>
スポンサーサイト

変えてみたⅢ

ランキングのカテゴリにメンタルヘルスを加えたものの……
その後、メンタルヘルス関係の記事を書けていない(^_^;)
で、今の流れから考えるに、当分書けそうも無い気がする(-_-;)
ので、またしても、日記/その他 に戻すことにした。
ま、相変わらずアクセス数は極少だし、読んで下さっている方々にとってはランキングのカテゴリなんて関係ないかとは思いますが、一応ご報告まで。
今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>

父とのこと①

昼間、ケイタイに、父から入電があった。
父が自分から電話してくることは、滅多にない。
「どうしたの?」
と聞くと、「@(弟の名前)の機嫌を損ねてしまった」という。
GWなので、弟は奥さんと子どもを連れて里帰りする予定だったのだが……今日になって、父が百日咳にかかっていたことが判明。急きょ「来ない方がイイ」と連絡したところ、「どうしてもっと早く言わないんだ!」と怒られてしまったらしい(^_^;)
父は検査には行ったものの、症状が軽かったので、まさか百日咳だなんて思ってもいなかったらしく、検査を受けたことを弟には伝えていなかった。で、血液検査の結果が出たのが今日だったので、慌てて連絡したところ、弟はすでに実家に向かっていたらしく、途中で引き返すことになったわけだ。
ま、弟が怒りたくなる気持ちもわからないではない(^_^;)
が、以前の父であれば、「そんなこと言っても仕方がないだろう!!!<(`^´)>」と逆切れしていたところである。
それが今では……
弟に怒られて、ちょっとシュンとしてわたしに電話してくるのだから、人間変われば変わるものだ(^_^)
父は以前にも一度、母に怒られたと言って、同じようにわたしに電話してきたことがあった。
わたしに慰めて欲しいらしい。
だからわたしは、父を慰め、笑わせて電話を切った。
四十路になっても結婚出来ず、仕事でもパッとしない不肖の娘には、そのくらいのことしかしてあげられない。
ただ、父にした約束だけは、何とか果たせたらと思っているのだけれど……



ずっと書きたかった父とのこと、少しずつ、綴ってみようかと思っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

春眠暁を覚えず?

例の企画を下ろされて以来、やたらと眠い。
新しい流れに乗って、やらなければならないことはあるのに、とにかく眠い。
一昨日くらいまでは眠いだけでなく、身体の疲労感も酷かった。で、あまりに辛いので、久しぶりにユンケル的なものを飲んでみようかと思ったのだが……ああいうものには大抵カフェインが含まれているので、思いとどまった。スピ系のブログで、カフェインは体、いや、精神にだったかな? とにかくあまりよろしくないと読んだことがあったからだ。ま、真偽のほどは定かではないけれど……
とりあえず、疲労回復に良い食べ物についてネットで調べてみようと思い立ち、(確か)『疲労回復』と『効果』で検索してみたところ……思いがけず、『パワーストーン』がヒットした。で、更に調べてみたら……ヘマタイトにパイライト、スギライトにブラックトルマリンと、疲労回復や健康に効果がある石を、わたしは4つも持っていたのだ。
よっしゃ、早速試してみようと、その石さんたちをお腹と胸に乗っけて横になってみると……あ~ら不思議。なんだかジワジワとエネルギーが流れ込んでくるのがわかった。

妖しいですか? 妖しいですね。

でも、もういいんです。
どうせこのブログ、1日のアクセス数一桁台だし。
これまで散々妖しい記事書いてきてるわけだから、今さら退かれたってどうってことないもんね(-。-)y-゜゜゜

とにかくね、石さんたちと寝るようになってから身体のダルさだけはとれました。
けど、眠気はいっこうになくならない。しかも、朝方から昼過ぎまで爆睡したあげく、夜9時には再び激しい睡魔に襲われ、3時間後には目が覚める。で、朝まで眠れず……というパターン。今日なんて、夜9時までも我慢が出来ず、夕方5時に寝てしまった。で、起きたのが夜9時。そして……今は深夜1時前ですよ。もうメチャメチャです。
ハァ~(-_-;)
規則正しい生活がしてみた~~~い!!!<(`^´)>
と、心から思う ねこきち なのでした(T_T)

父とのこと②

母と結婚する以前、父はかなりなダメ男だった。

中学2年生の時に祖父を病気で喪った父は、親子ほども年の違う長兄に、無理やり船に乗せられることになった。長兄は跡取り息子として祖父と共に漁に出ていたのだが、祖父が亡くなってしまったので、まだ中学生だった父を船に乗せ、漁を手伝わせたのだ。で、そのことを、恐らく父は、恨みに思っていたに違いない。
「親父さえ生きていたら、高校に行かせて貰えたのに」
という父の言葉を、子供の頃何度か聞いたが、本当に悔しそうだった。
どうやら父は、兄弟の中で一番学校の成績が良かったようで、祖父も父だけは「高校に行かせてやる」と言っていたらしい。
が、結局、高校に進学するどころか中学校にさえろくに通わせて貰えなかった父は、どうやらぐれてしまったようで……近所の人たちからは、「@(屋号)の不良」と呼ばれていたそうだ。

母が祖母から聞かされた話によれば……
結婚前、父はとにかく金遣いが荒く、手にしたお金は全て酒代に使ってしまっていたらしい。
このままではいけないと思った祖母は、父を遠洋の船に乗せることにしたのだが……支度金として渡されたお金まで、船に乗る前に全て酒代に使ってしまった。本来この支度金は、船に乗った後の生活費にあてるべきものだったので、祖母は仕方なく、自分のへそくりを生活費として父に渡し、遠洋の船に乗せた。が……
操業中停泊した港でも、父は飲んだくれていたようで……仲間と飲んでいる時に、激しい腹痛に襲われて病院に担ぎ込まれ、急性盲腸炎と診断された。で、緊急手術とあいなったのであるが……大酒を飲んでいたために、麻酔が全く効かなかったんだとか。
この話は子供の頃、父本人の口からも聞いたのだが……
「いや~、あん時はホント、脂汗が出たな」
と、晩酌をしながら呑気な口調で懐かしげに語ってたっけ。

いやホント、話を聞いているだけならね、いかにも海の男(漁師)らしい武勇伝として面白くもあったけど……
お祖母ちゃん、大変だったろうな(-_-;)って、心から同情しましたよ。

で、こんなダメ男が、どうして母と結婚することになったのか?
その馴れ初めは、また次回ということで……つづきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。