FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去生④

そこにいた人達の中で、わたしは明らかに浮いていました。
で、物凄く心もとない気分で空いていた席に座ったのですが……
隣の席にいたのが、例のコメントを残してくださった方でした。

これは、周囲の会話からわかったことなのですが……
どうやら彼女たちは、同じ宇宙船に乗っていた人(?)たちで、『お茶会』を主催したブロガーさんは、その宇宙船の艦長……いや、先生だったかな?
これから地球に人間として生まれようとしているその人(?)たちに、教育を行う立場の人(?)だったらしいです。
で、その『お茶会』は、宇宙船の同窓会だったんだとか……
って、なんだか話がSF並みにぶっ飛んでますけど(^_^;)
構わず続行。

『お茶会』が開かれる数日前、そのブログに更新されていた記事には、宇宙船の内部を描いた絵が挿入されていましてね。
実際参加者の方たちは、その絵に描かれている人(じゃないけど)たちによく似た雰囲気をかもし出していて……物凄く不思議な気分になりました。

え?
わたしもその宇宙船に乗っていたのかって?
いえいえ(^_^;)
参加者の方からも、同じ質問をされたんですけどね……
ハッキリと答えました。
「いいえ。いなかったと思います(^_^)」
質問された方も、「ですよね」という顔をなさってました(^_^;)
で、最初からわたしが宇宙船の同窓生でないことに気づいていた方からは、
「どうして(このお茶会に)来たの?」
と、いかにも不思議そうな顔で聞かれて……
「わかんない」
ってわたし(^_^;)

けれど……

このお茶会に参加していた方々のある会話が、わたしにあの過去生の一部を思い出させる一因となったのです。

会話の内容は、レムリアでの最後の日の記憶に関するものでした。

レムリア大陸は、遥か昔、大地震によって海に沈んだらしいんですが……
その際、宇宙船に乗って(?)地球から脱出した人たちがいたらしく……

この時点では、わたしにとってこの不思議な会話は、あくまでも他人事でしかなかったのですが・・・

つづく。

都合により、この記事は一部加筆。過去生⑤の記事は削除いたしました。
スポンサーサイト

初対面

実は土日、帰省していました。
(同日の記事は予約投稿)
昨年生まれた姪っ子の、『初節句』のお祝いがあったからです。
で、『奇跡』を体験後、はじめて弟と再会。
再会前の緊張とかもなく、笑顔で対応出来ました。
以前は、同じ空気を吸っているだけで苦痛だったのに……(^_^;)
変われば変わるものです(^_^)
姪っ子も、機会があれば抱っことかしてみる心の準備はあったのですが……
恐る恐る手を伸ばしたら、泣かれそうになったので、慌てて手を引っ込めてしまいました(^_^;)
でもまあ、普通にかわいいと思えたから、ま、いっか(^。^)y-.。o○
わたしが『初節句』の祝宴に参加したことを、両親もすごく喜んでくれたので、例の『奇跡』を体験出来て、本当に良かったな~っと、改めて思いました(^_^)

てなわけで、『奇跡』シリーズを未読の方にはなんのこっちゃわからないかとは思いますが、一応結果報告まで。

『過去生』シリーズはまだまだつづきます。

妖しさが一気にヒートアップしたにもかかわらず、ランキングはなぜか(現時点で)19位と大幅UP。
いいのかな?
……と思いつつ、励みになります(^_^)
ポチッと応援して下さった方、ありがとうございました<(_ _)>

過去生⑥

ここで一度、時系列に沿って起きた出来事を整理してみましょう。

『過去生②』に記載したブロガーさんのセッションを受けたのが、2008年9月19日。
同ブロガーさんからの紹介で催眠療法の無料体験を受けさせていただいたのが、2008年9月20日。
でもって、催眠療法を受けた後、ぐったりと疲れ果てて帰宅する途中、わたしはそのセラピールームで渡されたパンフレットの中に、『ワイス博士』の名前を発見。
以前読んだスピ系のブログで『ワイス博士の前世療法』という本が紹介されていたことを思い出し、「ああ、あれを買ってみよう」と、ぼんやりした頭でハッキリと決意しました。
で、帰宅後すぐに爆睡し、深夜起きだしてネットサーフィンをはじめたら、前記した『お茶会』の募集記事を見つけてすぐに応募。
その数日後から、『ワイス博士の前世療法』に付録としてついていた瞑想CDを聞きながら入眠するようになり……
10月1日に『お茶会』に参加。
10月9日に、『このブログを続ける意味③』に書いたブログに出会い、余計なおせっかいをやき……
10月10日、その記事に対するコメントに動揺。『過去生①』に書いた通り、湧き上がってきた激しい感情を記事に吐露しています。
そして、その日の深夜だったか? 翌11日の朝だったか? わたしはついに、思い出してしまったのです。レムリアでの、最期の日の記憶を……

つづく。

過去生⑦

思い出した……とは言っても、映像は無し。
思い出せたのは、その時味わっていた感情と、状況だけでした。

どう表現したらいいものか……

「助けなきゃ! 急がなきゃ間に合わなくなる!!」
という切羽詰まった思いと、どうやら自分が誰か(1人ではなく複数。集団のイメージです)を助けようとして、どこかに向かって走っているらしいという状況が、突然『わかった』というか、なんというか……

と、これだけならね、ただの妄想かとも思うのだけれど……

この時、心臓までバクバクと、大きく脈打っていましてね。なにより、その切迫感は……
『このブログを続ける意味③』に書いた一件の際に味わった切迫感と、同質のものでした。

しかも、「助けなきゃ!」と切羽詰まった思いで走りながら、わたしは『彼ら』を見捨てて脱出した人たちに対し、激しく憤っていたのです。
その感情は正に、『過去生①』に書いた、あのコメントを残してくれた方に対して抱いた憤りと同質のものでした。

そう。わたしが今生、このブログを通して体験した感情は、突然思い出してしまったレムリア最後の日の感情と、リンクしていたのです。

そのことに気づいた時、わたしはやはり、あの管理人さんのセッションを受けたのを機に、新しい流れに乗っていたのだと確信しました。

そして……レムリア時代の感情を思い出したことが呼び水になったのか?
わたしは更に、いくつかの過去生を思い出すことになったのでした。

つづく。

過去生⑧

レムリア時代の過去生を思い出してからどのくらい後のことだったか?
記録していないので、時期的なことは定かではありませんが……
たぶんさほど経ってはいなかったろうある日の朝、まどろみの中にいたわたしの脳裏に、一瞬だけ、西洋人と思われる男性の胸部が浮かびました。
薄汚れたシャツを着た、汗臭そうな毛深い胸……
見えたのはそれだけです。
けれど……その男性が、自分の父親であることが、わたしにはわかりました。
わたしはまだ子供で……父親から……性的虐待を受けていました。

という※過去生での事実(?)を理解した瞬間、堰を切ったように、今生での記憶のカケラと、当時の感情が蘇ってきました。
小学生の頃、父親と二人きりになった時の、あの、まるで息が詰まるような恐怖感……
あれは、今生のわたしではなく、過去生のわたしが感じていた恐怖だった。
そう気づいて、わたしはやっと、腑に落ちた気がしました。
そして……ようやく理解できたのです。

自分がなぜ、(小学校の4年生くらいから)懸命に男の子になろうとしていたのか。
なぜあれほど、身体が女性へと変化していくことに嫌悪感を覚えたのか。

自分から告白し、生まれて初めて交際した男性は、SEXの最中、不思議そうな顔でわたしに聞きました。
「どうしてそんな、悲しげな声を出すの?」
なんだかまるで、泣いているようだと……

過去生での記憶のカケラに誘発され、今生での記憶のカケラが走馬灯のように蘇り、それらの意味が一気につながって理解できた時、わたしの目からは涙が溢れ、喉からは激しい嗚咽が漏れだしました。その涙も鳴き声も、なんだかまるで、魂の奥底から湧き上がってくるように感じられて……わたしはとても長い時間、さめざめと泣き続けました。
そして……ようやく涙が枯れた時、思ったのです。
過去生での父と、今生の父、もしも同じ魂の持主だったとしたら……どれほどの転生を繰り返し、どれほどの苦しみを乗り越えてきたのだろう。お父さんも、成長したんだよな~って。
そう思ったら、過去生でわたしを虐待していた父のことも、なんだか許せるような、そんな気がしました。
だってもう、ず~~~っと、ず~~~っと昔の、過去生での話だし。
今の父は、とても優しいから。
子どもの頃は、確かにまるで『星一徹』みたいに横暴な父ではあったけれど、拳骨で殴られたのは1回きりだったし。勿論、性的虐待なんてありえなかったし。
それなのに、あんなに毛嫌いして……
父はどれほど悲しかったろう。
そう思ったら、本当に申し訳なくなりました。
不器用な方法ではあったけれど、父は確かに、愛してくれていたのに……



それから間もなくして、わたしはもう一つ、今生での恋愛に大きな影響を及ぼしていたと思われる過去生を思い出したのでした。

つづく。

Appendix

検索フォーム

QRコード

QRコード

Extra

最新記事

プロフィール

ねこきち2008

Author:ねこきち2008
とりあえず、カテゴリの『ごあいさつ』から読んでやっていただけますでしょうか( ^^) _旦~~
よろしくお願いいたします<(_ _)>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。